『舞いあがれ!』第5週あらすじ・感想(10/31~11/4)空を飛びたい!

朝ドラ 『舞いあがれ!』第5週 『 舞いあがれ!』あらすじ・感想
朝ドラ 『舞いあがれ!』第5週

これを見ればよく分かる、福原遥さん主演のNHK朝ドラ『舞いあがれ!』第5週のあらすじ・感想です。

これまでに放送されたあらすじと感想はこちらです。

『舞いあがれ!』のあらすじ・感想

スポンサーリンク

登場人物

ヒロインとその家族

ヒロイン・岩倉舞いわくらまい(福原 遥 演)
ものづくりの町・東大阪に生まれ育つ。
母方の祖母のいる五島列島に、
小3春から夏に滞在した。
飛行機が大好き。
浪速大学航空工学科1回生。
人力飛行機サークル
「なにわバードマン」に入部。

父・岩倉浩太いわくらこうた高橋克典たかはしかつのり 演)
東大阪でねじを作る工場を経営する。
飛行機を制作する夢を抱いていた。
父の病死により工場を継ぐ。
優しい夫であり娘と仲良し。

母・岩倉めぐみ(永作博美ながさくひろみ 演)
長崎県五島列島出身。
大学時代に浩太と出会い結婚。
工場の事務や家事を一手に引き受けている。
しっかり者で愛情いっぱいの母親である。

兄・岩倉悠斗はると(横山 裕 演)
舞より3歳年上。
勉強が得意で中・高とも進学校。
東京大学に入り一人暮らし。
家族に連絡をせず心配をかけているが、
妹のよき理解者である。

祖母・才津祥子さいつしょうこ高畑淳子 たかはたあつこ演)
五島列島の小さな島に住む。
漁師だった夫が亡くなり、船を受け継ぐ。
自分の力で生きていくことがモットー。
舞が小3の頃、五島でいっしょに暮らし、
引っ込み思案だった舞を愛情を込めて導いた。

ヒロインが所属する”なにわバードマン”

刈谷博文かりやひろふみ(高杉真宙まひろ 演)
福岡出身の浪速大学3回生。
「なにわバードマン」スワン号設計士。
なにわの天才と呼ばれる。

由良ゆら冬子(吉谷彩子 演)
浪速大学2回生。
「なにわバードマン」スワン号パイロット。
大西洋単独飛横断飛行に成功した、
アメリヤ・イヤハートに憧れている。

鶴田 あおい(足立 すぐる 演)
浪速大学3回生。
「なにわバードマン」部長。
個性の強い部員たちをまとめている。
由良に恋心を持つ。

ヒロインの幼なじみ

梅津貴司うめづたかし赤楚衛二あかぞえいじ 演)
舞の同級生で、岩倉家の隣にある
お好み焼き「うめづ」の息子。
心優しく繊細。
舞の心のオアシスのような存在。

望月久留美(山下美月 演)
舞の同級生。
幼いころ両親が離婚し、
父子家庭で育つ。
高校卒業後、看護師を目指す。

スポンサーリンク

第5週「空を飛びたい!」

人力飛行機サークル「なにわバードマン」の女性パイロット・由良にアクシデントが起こり、舞は由良の代わりにスワン号のパイロットに志願します。

厳しいトレーニングに挑戦する舞は、無事に飛行機を操縦することができるのでしょうか?

そして舞の父が経営する岩倉螺子らし製作所も、新しく生まれ変わろうとしています。

※感想は放送後に更新しますね!

★第21話あらすじ10月31日(月)放送

人力飛行機・スワン号のパイロットに志願した舞(福原遥)。「なにわバードマン」部長の鶴田(足立英)は返事を保留する。しかし舞の意思は固く、パイロットに必要な体力をつけるための準備を始める。ロードバイクを購入し、心配する母・めぐみ(永作博美)を説得する。舞をパイロットにすべきがどうか悩む鶴田は、病院に入院中の由良(吉谷彩子)に相談する。由良は舞しか適任者はいないと鶴田に告げる。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

壊れてしまったスワン号と、心がバラバラになってしまった「なにわバードマン」の部員たち。これはつらい状況になりました。

舞はパイロットになるという一大決心を部長の鶴田(足立英)に話しますが、そんな簡単なことではなかったですね…

ペダルを必死にこいでも全くついていけない舞の顔が物語っていました。

それでも、「大変やからこそ挑戦したいんです。」と舞はきっぱり言いました。

舞に付き合って、お店で中古のロードバイクを値切る久留美ちゃん、いい子やなぁ。

めぐみ母さんとお父ちゃんの浩太さんが、舞を見守る姿が微笑ましかったです。

「どないしてもスワン号を飛ばしたいんです。」という舞の言葉に「賛成!」と大きな声で叫んだのが普段はしゃべらない空先輩でした。

スワン号を飛ばす夢は、なにわバードマンみんなの夢ですもんね。

スワン号設計士の刈谷は絶対無理だと、頑として聞き入れてくれませんが…

トレーニングに励む舞の姿が、部員たちの心を一つにして行きます。

がんばれ、舞!

★第22話あらすじ11月1日(火)放送

舞(福原遥)がパイロットになることを、スワン号を設計した刈谷(高杉真宙)は認めず、なにわバードマンに戻ろうとしない。部員たちは舞の体格に見合った操縦席を作ろうと模索するが、それはスワン号の設計全体に影響することだった。スワン号の設計を部員たちが変えようとしていることを舞から聞いた刈谷は、怒り心頭で部室へ乗り込み、ほかの部員たちと口論になる。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

舞はスワン号を設計した刈谷(高杉真宙)に会いに行きますが、なにわバードマンに戻る気のない刈谷は取り合ってくれません。

たしかに安全面を考えると時間のない中、パイロットが急に変わることは無謀なことに思えます…

冷たいようですが設計士としての刈谷の考えは正しいですよね。

それでも、スワン号のパイロットをあきらめない舞がトレーニングのために自転車に乗る姿はカッコよかったです。

その頃、舞の父・浩太も会社の将来と自分の夢を見据えて挑戦中です。お父ちゃんにも頑張ってもらいたい!

由良と比べると身長も体型も大きな舞に、部員たちは設計の調整に苦心します。

なにわバードマンの部員たちの心はバラバラのままで、うまくいきません。

お見舞いにきた刈谷は、事故は自分のせいだと由良に言います。責任感の強い人なんですね。

刈谷の口から、部長の鶴田との出会いを聞きます。刈谷も鶴田も本当にいいやつだ!

部室でスワン号の設計変更をめぐって刈谷と部員が口論となりますが、お互いにリスペクトしているからこその衝突でした。

今日は、なにわバードマンの部員たちの真剣なぶつかり合いと、熱い思いにふれるいい回でした。

無事、刈谷がなにわバードマンに戻ってきましたが、舞は体重5㎏落とさなければならないという大きな課題を突きつけられました!

★第23話あらすじ11月2日(水)放送

スワン号のパイロットとなった舞(福原遥)が、刈谷(高杉真宙)から課せられたのは体重の減量と体力強化、特に脚力の向上。舞は早朝からロードバイクでのトレーニングや食事制限で目標達成を目指す。しかし、達成しなければいけないノルマは簡単なものではなく、非常に過酷なものだった。祖母・祥子(高畑淳子)が送ってくれたジャムさえ口にできない。一方、舞の幼なじみ・貴司(赤楚衛二)は仕事で悩み疲れていた。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

朝起きてまず体重を計る。朝食は野菜とたんぱく質。お昼ご飯も一瞬で終わる量。

2ヶ月で体重5kg落とし、190ワットで50分間自転車をこぐという目標を課せられ、ストイックな生活をする舞。

これはすごいですね!私にも必要だわ^^;

なにわバードマン全部員の総力が結集されての挑戦です!

刈谷、鶴田がなにわバードマン部員たちの作業を、リレー形式で紹介するシーンが面白かったです。^^

久しぶりに五島の皆さんが登場しました!

祥子ばあちゃんとの電話で、さくらさんが念願のカフェをオープンしたことが分かります。

カフェの雰囲気は、畳みのある古民家風で、すごくいい感じでした。

気になる一太くんはどこ?と思っていたら、長崎高専を来年卒業するとのことでした。

一太君はどんな男前になっているのでしょうか?

船大工の豪さんの後継ぎに本当になるかもしれませんね。

それとも、舞の乗る飛行機のエンジニアでしょうか⁈

一太君の行く末がすごく気になります。

五島のおばあちゃんが岩倉家へ送ってきた「祥子ばんばのジャム」を私も食べてみたいです!

ちょっとやったら大丈夫って、めぐみお母ちゃんと浩太お父ちゃんに勧められ、パンに乗せたジャムを美味しそうに食べる舞の幸せそうな顔が良かったですね。

貴司くんも登場し、岩倉の会社のホームページを作る手伝いをしていました。

貴司君は、短い言葉で的を得た会社のスローガンを誉めていましたね。

舞は週に2回「ノーサイド」でのバイトも続けています。

バイト先に貴司君が来てえらい疲れてると、久留美と一緒に心配していました。

夜は、貴司君をねぎらうために、お好み焼き屋「うめづ」で晩御飯を3人で食べる約束をします。

舞のリクエスト、油と炭水化物抜きのネギ焼き、ってないですよね。^^;

うめづの店主、梅津勝(山口智充)さんが苦心してプロテイン入りのお好み焼きを作ってくれました。

「干からびた犬」は自分のことやと言う貴司君。

デラシネの八木さんに「息ができん時に生まれるのが詩ーや」と言われ、苦しい時に詩が生まれると舞たちに伝えます。

貴司君を励ますはずが、逆に舞のほうが励まされたようです。

★第24話あらすじ11月3日(木)放送

記録飛行まであとひと月。大学の夏休みに入り舞(福原遥)のトレーニングはますます過酷となるが体力がなかなか増強しない。部室で行われた体力測定でも、目標値の半分にも満たない状況。そんな中、刈谷(高杉真宙)が、舞のペダルを漕(こ)ぐ力の目標値を下げることを提案する。それは舞が目標とする50分間ペダルを漕ぎ続けられるようにするためだ。その設計変更に部員たちもなんとかしようという空気になっていく。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

夏休みに入り、さらにトレーニングに励む舞ですが、体重計で測ったところ体重が増えてしまっていてショックを受けます。

こんなに頑張っているのにね。^^;

人力飛行機スワン号で最高飛行記録を更新するためには、計算上190kwを50分間漕ぎ続けないといけませんが、今現在の舞の体力では、29分しか漕ぎ続けることができません。

舞は超スランプになっていて、体重が100g減っても次の日には200g増えると、辛そうにサークルの皆んなに伝えます。

そこで設計担当の刈谷は舞の負担を減らすために、190kwから180kwに回転数を減らしても記録更新を達成できるように、主翼を作り直すことを提案。

なにわバードマンの部員全員が一致団結し、記録更新と舞の負担を減らせるよう翼など作り直す大変な作業に取り組む熱いシーンでした。

刈谷先輩だけでなく部員全員がめちゃカッコいいです。

舞の目にも涙が見えたように思います。

後日、由良先輩から琵琶湖に行こうと誘われる舞。

琵琶湖を眺める舞と由良ですが、気持ちええなーと由良が言うと、舞は狭い部屋でスワン号を作り直している皆んなに悪いと感じていると伝えます。

部員たちの努力を無駄にしてしまうのではないかと不安を打ち明けました。

由良は、「考えたらええやん。自分空飛ぶんやろ? 飛行機は向かい風を受けて空高く飛ぶんや」と舞を鼓舞します。

「ここで新記録出したかったなぁ」と言う由良先輩の姿が、舞に勇気を与えたようですね。

今回もカッコイイ由良先輩でした。^^

元気を取り戻した舞、翌日から由良先輩のコーチの元、トレーニングに励みます。

サークルの部室では、少しでも舞の負担を減らすためにスワン号の機体改造が続けられています。

心配していた皆んなに、「もう大丈夫です。がんばります」と応える笑顔の舞に部員たちも安心したようです。

記録飛行機まで1ヶ月、目標とする体重まであと少し、体力もついてきました。

記録更新なるか、楽しみですね。

私は個人的に舞が室内でのトレーニングに使うエアロバイクが気になってしまいました。

欲しいなぁ。(笑)

★第25話あらすじ11月4日(金)放送

舞(福原遥)によるテスト飛行を控え、スワン号の最終的な組上げに取り組む部員たち。由良(吉谷彩子)は、舞に操縦桿(かん)の扱い方を教えるとともに、その操縦次第でどこへでも行けるとパイロットの醍醐(だいご)味を打ち明ける。一方、舞の父・浩太(高橋克典)は工場を拡大。株式会社IWAKURAを立ち上げる。そうした近況を舞は兄・悠人(横山裕)に電話で伝える。そして、いよいよテスト飛行の日がやってくる。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

正月のテスト飛行に向けて、なにわバードマンは駆動試験(プロペラや尾翼の動きに問題がないか確認)を行います。

尾翼やプロペラなど正常に作動し部員たちは喜んでいましたが、なぜか舞は不安そうな表情を浮かべていました。

それを見た由良先輩は舞に「どうした?」と声をかけます。

舞は実際乗ってみると練習の時と違いペダルが重いと不安げな表情で伝えます。

由良先輩は「飛行機が動いてないからや、飛行機が動き出したらペダルは軽くなり、飛び出すとペダルのことを忘れてまう」と舞を励ますように笑顔で伝えます。

それを聞いて舞は安心して、不安も吹き飛んだようです。

毎回、舞の悩みを聞いて的確なアドバイスを送る由良先輩はすごいですね。それに今日の由良先輩の笑顔はとても素敵でした。

舞の父・浩太さんの会社もうまくいっているようです。

若い社員も増え、社名を株式会社IWAKURAとし、いつか飛行機にうちの部品を乗せるんやと社員の前でスピーチをしました。

夢に向かうお父ちゃんがカッコいいです。

舞はそのことを兄・悠斗に電話で伝え、株式会社IWAKURAって検索してみてと伝えます。

兄の反応は、へーというくらいでしたが…

舞が、明日初めてテスト飛行で人力飛行機飛ぶと嬉しそうに話すと、兄は電話を切ったあと「おもろいやっちゃ」と呟きます。

兄は舞のことを気にかけているように見えますね。

というか、兄の部屋が少し見えましたが広そうで家賃の高そうなところに見えました。

兄の近況も気になります。

そして、テスト飛行当日スワン号に乗り込み、由良先輩からいつもと同じように漕げばええとアドバイスをもらう舞。

3.2.1.GOと舞の合図と同時にスワン号を飛ばし、テスト飛行は見事成功したようです。

スワン号がふわりと飛ぶシーンで私は涙が出てきました。

ホンマ、飛行機ってすごい!

初めて空を飛んだ舞の表情も印象的でした。

次回予告では、人力飛行機スワン号が飛ぶシーンがあり飛行記録の更新のため必死にペダルを漕ぐ舞の姿が映されていました。

何が起こるか分かりませんが、記録更新できるのか!? 来週が楽しみです。

人力飛行機が飛ぶ仕組みをイラスト付きで紹介してくれたのが分かりやすかったですね。

スポンサーリンク

第5週「空を飛びたい!」11月5日(土)ダイジェスト版

毎週土曜日はNHK総合で一週間のダイジェスト版が放送されます。

スポンサーリンク

全話一挙放送=「空を飛びたい!」11月5日(土)

NHKBSプレミアムでは、毎週土曜日の朝 9:45〜11:00、15分×5日分で1時間15分、1週間分が全話再放送されます。

見逃した人は一挙に見ることができますよ。

スポンサーリンク

朝ドラ『舞いあがれ!』1週間の放送予定

月曜~金曜午前7時30分~7時45分NHK BSプレミアム・BS4K
月曜~金曜午前8時~8時15分NHK総合テレビ
月曜~金曜午後0時45分~1時NHK総合テレビ
土曜(ダイジェスト版)午前8時~8時15分NHK総合テレビ
土曜(ダイジェスト版)午後0時45分~1時NHK総合テレビ
土曜(月~金5話一挙放送)午前9時45分~11時NHK BSプレミアム・BS4K
日曜(ダイジェスト版)午前11時~11時15分NHK総合テレビ
翌月曜(ダイジェスト版)午前4時45分~5時NHK総合テレビ
朝ドラ『舞いあがれ!』放送予定

『NHKドラマ・ガイド 舞いあがれ!Part 1』(NHK出版)には、第1週から12週までのあらすじや出演者37名の紹介とインタビュー、舞台地・五島列島の紹介、ヒロインが学ぶ航空学校ってこんなところなどの特集記事が掲載されています。

読み応え十分の雑誌です。

これまでに放送されたあらすじと感想はこちらです。

『舞いあがれ!』のあらすじ・感想

タイトルとURLをコピーしました