『舞いあがれ!』第17週(1/23~1/27)あらすじ・感想「大きな夢に向かって」

朝ドラ 『舞いあがれ!』17週 『 舞いあがれ!』あらすじ・感想
朝ドラ 『舞いあがれ!』17週

福原遥さん主演の朝ドラ『舞いあがれ!』

第17週「大きな夢に向かって」のあらすじ・感想です。

舞が東大阪で出会う人々として、
5人の新しいキャストが発表されました。
今後の展開が楽しみです!

  • 菱崎重工の重役・荒金正人(鶴見辰吾 演)
  • 貴司の短歌に惹かれる女性・秋月史子(八木莉可子 演)
  • 貴司に近づく短歌担当編集者・リュー北條(川島潤哉 演)
  • 東大阪市職員でなにわバードマンOB・安川龍平(駿河太郎 演)
  • 板金加工会社の女性社長・我妻花江(久保田磨希 演)
スポンサーリンク

第17週「大きな夢に向かって」

2013年 夏。

あれから4年の歳月がたちました。

舞は取引先からも信頼される、IWAKURAの営業のエースになっていました。

会社は発注も増え、業績も順調に上がっています。

社長である母・めぐみは、工場の機械を増やそうかと悩んでいます。

舞の幼なじみ貴司は、八木から古本屋・デラシネを引き継ぎ、短歌を作り続けていました。

ある日、舞は航空機産業支援セミナーに参加しようと、母・めぐみに提案します。

父・浩太の夢であった航空機の部品製造へと一歩づつ近づいていきます。

第17週予告動画(ショート)はこちらです。
IWAKURAが大きく飛翔しようとしています。

これまでに放送されたあらすじと感想はこちらです。

『舞いあがれ!』のあらすじ・感想

ヒロインとその家族

ヒロイン・岩倉舞いわくらまい(福原 遥 演)
ものづくりの町・東大阪に生まれ育つ。
母方の祖母のいる五島列島に、
小3春から夏に滞在した。
航空学校でパイロットの資格を取得。
父の急死により母とともに
IWAKURAを立て直す。

父・岩倉浩太いわくらこうた高橋克典たかはしかつのり 演)
東大阪でねじを作る工場を経営。
飛行機を制作する夢を抱いていたが、
経営不振が続く中、突然亡くなる。
優しい夫であり息子と娘を愛する
素晴らしい父だった。

母・岩倉めぐみ(永作博美ながさくひろみ 演)
長崎県五島列島出身。
大学時代に浩太と出会い結婚。
しっかり者で愛情いっぱいの母親。
浩太とともに工場を支えてきたが
夫の急死によりIWAKURAの経営を
行うことになった。

兄・岩倉悠人はると(横山 裕 演)
舞より3歳年上。
勉強が得意で中・高とも進学校。
東京大学卒業。一人暮らし。
ヘッジファンド(投資)の仕事で
世間から認められている。

ヒロインの祖母・才津祥子さいつしょうこ高畑淳子 たかはたあつこ演)
五島列島の小さな島に住む。
漁師だった夫が亡くなり、船を受け継ぐ。
人生の指針は自分の力で生きていくこと。
舞が小3の頃、いっしょに住み、
引っ込み思案の舞を導いた。

ヒロインの幼なじみ

梅津貴司うめづたかし赤楚衛二あかぞえいじ 演)
舞の同級生で、岩倉家の隣にある
お好み焼き「うめづ」の息子。
心優しく繊細。
舞の心のオアシスのような存在。

望月久留美(山下美月 演)
舞の同級生で親友。
幼いころ両親が離婚し、
父子家庭で育つ。
母と同じ看護師。

東大阪の人たち

笠巻久之ひさゆき古舘寛治ふるたちかんじ 演)
工場のベテラン従業員。
亡くなった舞の祖父や
舞の父・浩太を支えてきた。

結城 あきら(葵 揚 演)
設計を担当する中堅社員。
笠巻から厳しく仕込まれてきた。
一度、転職したが復職した。
舞から「章にいちゃん」と
呼ばれている。

梅津 勝(山口智充 演)
お好み焼き「うめづ」2代目主人。
貴司の父。
舞の父・浩太の幼なじみ。
いつも元気で頼りになる存在。
野球好きで近鉄バッファローズファン。

梅津雪乃(くわばたりえ 演)
「うめづ」の女将。
貴司の母。
明るい性格のおせっかい焼き。
舞の母・めぐみの良き相談相手。

津田道子(たくませいこ 演)
カフェ「ノーサイド」店主。
ラグビーファン。
舞と久留美を見守る存在。

新しく登場する人

荒金正人(鶴見辰吾 演)
重工業の国内トップクラス「菱崎重工」の重役。
かつて浩太と一緒に長崎の職場で働いていた。

※あらすじ・ネタバレは情報が入りしだい更新します!

スポンサーリンク

★第77話あらすじ1月23日(月)放送

2013年夏。舞(福原遥)がIWAKURAに入社して4年が経ち、営業のエースになっていた。会社の業績も右肩上がりで、社長のめぐみ(永作博美)は機械を増やすか悩む。一方、貴司(赤楚衛二)は古本屋・デラシネで短歌を作り続けていた。そして舞は、浩太(高橋克典)の夢を実現すべく、めぐみに航空機産業参入支援セミナーに参加しようと提案する。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

IWAKURAが息を吹き返して、4年が経過しました。

舞は工場の職人達とも専門的な話しができるほど、生き生きと営業の仕事をしています。

さすが頑張り屋の舞ですね。^ ^

原料の仕入れ量もどんどん増えてます。

機械も人も増やさないとといけないと、社長のめぐみは考えています。

デラシネでは、貴司君が子どもたちに店を開放して、短歌を作っています。

舞がデラシネにやってきました。

貴司は短歌を50首、選んでいます。

短歌の芥川賞と言われる長山短歌賞に応募するためです。

舞も短歌を選ぶのを手伝います。

2人は仲良しです。

舞は貴司のことを、「人とちゃうとこ見てる」そこがいいと褒めます。

貴司君も素直に嬉しそうです。

「ナポリタン作るけど、食べる?」と舞に料理を振るまう貴司君。

「美味しい!これ、どこで覚えたん?」

「名古屋の喫茶店」

貴司君はあちこちで色んな仕事してましたもんね。

「今日な、新しい仕事とれてんで」と舞が言うと、「ほんまに。よかったな」と一緒に喜んでくれる貴司君です。

なんか、新婚さんみたいやわ、笑。

家の仏壇の前で、舞はお父ちゃんにIWAKURAが順調であることを報告します。

お父ちゃんの夢を叶えようと、舞は決めています。

退職したパートのおばちゃん達も帰って来ました。

おばちゃん達は、舞から戻って来てくださいと頼み込まれ、根負けしたようですね。

舞がめぐみに「社長、これ一緒に行きませんか?」と航空機産業参入支援セミナーのチラシを見せます。

すでに勉強を始めている舞。

これがどんだけ大変なのか、勉強すればするほど分かってきたと言います。

無理やと言うめぐみに、「うちのチームやったらきっと作れます」ときっぱりと自分の考えを言いました。

めぐみはリスクが大きいと躊躇しますが…

お父ちゃんが言っていた「一歩づつ登ってたら、いつかは山の頂上に登れる」「行く行くは飛行機にうちの部品乗せたい」との言葉をめぐみに語り説得する舞です。

いよいよ、航空機産業に挑もうとしています。

行く道は困難ですが、舞とIWAKURAならきっと道が開けるに違いありません。

スポンサーリンク

★第78話あらすじ1月24日(火)放送

貴司(赤楚衛二)は舞(福原遥)と共に選んだ作品を短歌の芥川賞ともいわれる長山短歌賞に応募する。一方、めぐみ(永作博美)から渡されたIWAKURAの業務報告書に目を通した悠人(横山裕)は、悪くない投資先だとめぐみに言う。そして、きちんとしためぐみの姿に休みではないのかと問う悠人。めぐみは、これから航空機部品の産業支援セミナーに舞と参加すると伝える。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

お父ちゃんの夢を叶えるために、航空機の部品を作りろうと舞はめぐみを説得します。

めぐみも「わかった」と答えました。

デラシネでは、いつものように子ども達がいます。

舞は航空機部品のための勉強を、貴司は原稿を書いていました。

ひなちゃんが帰り際に「なぁ、二人、付き合ってんの?」と聞きます。

舞と貴司は笑いながら、「ひなちゃんと大ちゃんみたいに、ちっちゃい頃から仲がええんや」と言ってます。

でも本当に恋人みたいですよね。^ ^

2人で短歌を選び、長山短歌賞に応募します。

舞が封筒に「貴司君の思いが伝わりますように」と念を込めました。

貴司は、「ほんまは、けっこうプレッシャーあんねん」と舞に本音を語ります。

貴司にとっては、短歌は自分のすべてだからです。

カフェ・ノーサイドでは、めぐみと悠人が向き合って座っていました。

IWAKURAの業務成績を見て「悪うない投資先や」と悠人が言います。

めぐみから、「舞はお父ちゃんの夢、叶えたいんや」と聞いて、悠人は浩太と昔、交わした会話を思い出しました。

ゆくゆくは、飛行機にIWAKURAの部品を乗せたいと言っていたお父ちゃん。

「飛行機な。何年かかるんやろ?」と言った自分の言葉を悠人は思い浮かべました。

飛行機産業セミナーに参加する舞とめぐみの2人。

飛行機に乗せる部品には、品質の高い中小企業の技術が必要と説明されます。

しかし会場に集まった人達から、設備投資にお金をかけることは、中小企業にとっては難しいと意見が出ます。

ではどうすれば良いかと投げかけられ、舞が手を挙げました。

亡くなった父の夢は、飛行機の部品を作ることだったことや、その父の夢を叶えたいと舞は言います。

そのために複数の会社が協力して部品を作ることが良いと舞は提案しました。

菱崎重工の荒金が舞に質問します。

それぞれの企業のプライドを超えて、力が合わせることができるのかと?

舞は可能だと答え、それは技術があるからと言いました。

会が終わり、めぐみから菱崎重工はお父ちゃんが会社を継ぐ前に働いていた会社と舞は初めて聞きました。

夕方、デラシネに舞が来ます。

「そうめんと天ぷら、作ろうかなぁ。でも暑いからお母ちゃん嫌がるかな?」と貴司に相談します。

「野菜を刻んで、つゆに入れたらいい」と貴司が優しくアドバイスしました。

貴司君、主夫みたいやね。^ ^

IWAKURAにお客様が来ました。

なんと!菱崎重工の荒金が工場を見たいと訪ねてきたのです。

スポンサーリンク

★第79話あらすじ1月25日(水)放送

舞(福原遥)が営業から帰社すると思いもよらぬ客が、めぐみ(永作博美)を訪ね来ていた。それは航空機産業参入支援セミナーで出会った、菱崎重工の荒金(鶴見辰吾)だった。彼は舞とめぐみに、ある提案をする。それは航空機の部品を試作してみないか、というものだった。設備的にIWAKURAでは難しいと、めぐみは断ろうとするが、舞はまずその部品の図面を見せて欲しいと申し出る。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

舞が営業から戻ると、「大変やで」と事務の山田や藤崎が慌てています。

菱崎重工の荒金が、工場を見に来ているのでした。

荒金は航空機に使う新型エンジン用のボルトを作ってみないかと告げます。

めぐみは、有難い話だがうちには経験がありませんと消極的です。

舞は、図面を見せてくださいと荒金に頼みます。積極的ですね^ ^

お父ちゃんの夢を叶えるチャンスと捉えているようです。

部外秘の図面ですが、荒金は図面を舞とめぐみに見せました。

他会社の朝霧工業に試作をさせているものの、遅れているようでした。

めぐみは、なぜIWAKURAに依頼に来たのか荒金に問います。

荒金は、航空機産業には新しい力が必要だと言います。

舞がセミナーで話したように、本当に中小企業がその力となり得るのか知りたいと考えていました。

図面を職人達に見せますが、素材自体があまりに特殊なため、皆ためらいます。

雲を掴むような話で難し過ぎると、笠巻も言います。

舞はIWAKURAがここまで来たのは、チャレンジし続けたからだと皆を説得します。

よその工場に協力してもらえよう舞が頼みに行きますとまで。

「お父ちゃんも頑固やったけど、あんたそれ以上やなぁ」と笠巻が笑いました。

かつての浩太お父ちゃんの姿が思い浮かびます。

「そこまで言うんやったら、できること、やってみよか」と笠巻。

「社長、先代の夢、挑戦させてください!」舞は意を決して頼みます。

「分かりました。やってみましょう」めぐみが承知しました。

仏壇の前で浩太に報告するめぐみです。

舞がリーダーになって本当に嬉しそうです。

うめづの雪乃がやって来ました。

めぐみは27歳になるというのに仕事ばかりする舞を心配しています。

そろそろ結婚をしてもらたいと、こぼします。

IWAKURAでは試作に向かって、研究と試作が始まりました。

硬くて加工の難しい素材に苦労し、何度も失敗しています。

「IWAKURA夢プロジェクト」成功を祈るばかりです。

スポンサーリンク

★第80話あらすじ1月26日(木)放送

舞(福原遥)たちが試作を請け負った飛行機部品は、扱ったことのない硬い金属のためにうまく製造できない。そこで最古参の笠巻(古舘寛治)が他所の機械を借りようと言う。そこはかつてIWAKURAで働いていた小森(吉井基師)の転職先だった。一方五島では、町役場の信吾(鈴木浩介)がカフェに祥子(高畑淳子)たちを集め、五島に人を集めるアイデアがないか相談する。

Yahoo!テレビ.Gガイド

☆感想

IWAKURAでは、遅くまで試作に没頭する舞たちですが、特殊な金属のため苦労しています。

加工するには、小森のいる長井金属に頼むしかありません。

笠巻と舞が長井金属に勤める小森と話しました。

小森は以前、IWAKURAの業績が悪化していた時に退職せざるを得なかった職人です。

小森はIWAKURAにある機械では、加工は無理だと考えます。

舞は航空機の部品を作るのは父の夢で、今回の試作を絶対に成功させたいと小森に頼みました。

小森は先代社長への恩と笹巻さんの頼みだからと引き受けてくれましたが、舞にはちょっと冷たいです。

長井金属の工場で、温度を変えながら加工を試すことになりました。

長井金属はまもなく工場を閉めるようです。

小森の次の仕事先は決まっていません。

IWAKURAに戻って来てもらいたいとめぐみが伝えますが…

「おれ、いっぺん要らんと言われたんです。あん時、どんだけ悔しかったか」と小森。

めぐみは辛い思いをさせて申し訳ありませんでしたと謝りました。

IWAKURAでは、もう誰にもそんな思いをさせたくない。

働いてることに誇りを持てるようにしたいと、舞も小森に伝えました。

1日だけIWAKURAに来て工場を見てもらいたいとめぐみが頼みました。

小森の心は揺れます。

五島では、知嘉島の未来を考える会と題して、みじょカフェで皆んなが話し合いをしています。

なかなか現実的なアイデアは浮かびません。

お昼ご飯を食べに来た一太が、むっちゃんの気まぐれパスタを頼むと、夕べ夜釣りをしていたからまだ寝てると、さくらがのろけながら言います。

あら?むっちゃん五島にいるんですね!

実在する人物だったことにびっくりです!

それも、さくらさんとご夫婦になられたんですね!

おめでとうございます!

どんな人なんやろ?めちゃ興味わきますね。^^

夜釣りと聞いて、豪さんが釣り教室をやろうと提案します。

それはいい考えだと、舞にも電話で聞いてみました。

舞も大賛成です。

皆んなスマホを使っていて、一気に現代に近づいた感じです。^ ^

スポンサーリンク

★第81話あらすじ1月27日(金)放送

航空機部品の試作で苦戦する舞(福原遥)たち。それを見かねた小森(吉井基師)が、原材料を電子炉に長めに入れることを提案し、やってみると、遂に圧造が成功する。そして、お好み焼き屋「うめづ」では、工場をたたむ長井(や乃えいじ)への慰労会が開かれ東大阪の仲間が集まる。そこで舞は笠巻(古舘寛治)に、小森の助けもあり圧造がうまくいったことを報告する。

☆感想

IWAKURAの工場では試作が続いています。

50本目だというのに上手くいきません。

そこへ小森が現れました。

温度を変えるのではなく、時間を変えてみるように言います。

そのお陰で、圧造の工程がクリアしました。

小森が勤めていた長井金属工業が、工場を閉めることになりました。

うめづで送別会が始まります。

社長の長井が挨拶をします。

こないして幕を閉じるのか寂しい…お世話になりました、と。

97年もの長い間、頑張ってたんですね。

貴重な技術が消えていきます。

最後に「普通の女の子に戻ります」と長井さん。

どっと皆んなを笑かしてくれました。^ ^

さすが大阪の人!

小森がIWAKURAに戻ってきました。

航空機部品の試作に自分も関わりたいと申し出ます。せ

先代の夢をいっしょに叶えたいと小森もやる気満々です。

次の加工の工程が始まりました。

笠巻が秘策があると言い、自分の師匠がいる工場に舞達を連れて行きました。

師匠は、笠巻は若い頃から腕前がピカイチやったと誉めます。

舞はIWAKURAの大黒柱ですと笑顔で言います。

何度も何度も挑戦する笠巻。

検査日まであと26日。

ボルト完成の最終段階です。

あとは転造の成功を待つのみと、記録する舞。

転造の工程は手作業です。

笠巻は何度も何度も失敗します。

大きなため息をつくと、「ええんちゃうか」と。

とうとう出来上がりました。

デラシネにいる貴司に、舞はボルトが完たと報告します。

「チーム東大阪で頑張ってん」

「良かったな」と貴司君も本当に嬉しそうです。

そこに一本の電話が入ります。

長山出版の北条という人からです。

「僕の短歌が、長山短歌賞を受賞したて…」と言う貴司。

「すごいやん、おめでとう」

「ありがとう、舞ちゃんのお陰やで」

「久留美にも連絡せな」

その頃、カフェ・ノーサイドで、久留美は八神から指輪をもらいプロポーズを受けていました!

うわ、すごい!い

キラキラの指輪です。^ ^

舞は母のめぐみに、貴司の受賞を伝えます。

「才能だけでなく、ええ歌を作りたいと努力を続けて来たから」と舞。

舞も貴司君も同じく才能だけでなく、努力を続けていく人ですね。

来週から航空機部品の厳しい検査が始まります。

悠人兄ちゃんが、家のすぐ近くまで来ていたというのに暗い顔をして立ち去ります。

次週は波乱が起きそうです!

すごい気になります。

スポンサーリンク

1週間分の全話一挙放送 1月28日(土)

NHKBSプレミアムでは、毎週土曜日の朝 9:45〜11:00、15分×5日分で1時間15分、1週間分が全話再放送されます。

見逃した人は一挙に見ることができますよ。

スポンサーリンク

朝ドラ『舞いあがれ!』1週間の放送予定

月曜~金曜午前7時30分~7時45分NHK BSプレミアム・BS4K
月曜~金曜午前8時~8時15分NHK総合テレビ
月曜~金曜午後0時45分~1時NHK総合テレビ
土曜(ダイジェスト版)午前8時~8時15分NHK総合テレビ
土曜(ダイジェスト版)午後0時45分~1時NHK総合テレビ
土曜(月~金5話一挙放送)午前9時45分~11時NHK BSプレミアム・BS4K
日曜(ダイジェスト版)午前11時~11時15分NHK総合テレビ
翌月曜(ダイジェスト版)午前4時45分~5時NHK総合テレビ
朝ドラ『舞いあがれ!』放送予定
スポンサーリンク

◎見逃し配信で『舞いあがれ!』を見るなら

Amazonプライム会員やUnextなら、NHKまるごと見放題パックを購入することで、見逃した『舞いあがれ!』を見ることができます。

2週間以上前に放送された『舞いあがれ!』の回も、舞が小さい頃の回も、全話見られます。^^

>>Amazonプライムで観る >>U-NEXTで観る

『舞いあがれ!』の主題歌「アイラブユー」すごくいい曲ですね。

私は個人的に、舞のことを思う貴司くんの気持ちを表現しているに違いない!なーんて思っています。

毎朝、流れるこの曲と歌詞にホント励まされています。

『NHKドラマ・ガイド 舞いあがれ!Part 1』に続き、Part 2が(NHK出版)が発刊されます。

これまでに放送されたあらすじと感想はこちらです。

『舞いあがれ!』のあらすじ・感想

タイトルとURLをコピーしました