高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

四万十川でラフティング!小学生から60代だって超楽しいおすすめの川遊び

四万十川のラフティングボート

小学生から三世代ファミリー、60代のご婦人だって楽しめる、四万十川を体感できる超おすすめの川遊びが、ラフティングボートです。

 

安全でちょっぴりスリルがあって、年なんか忘れて、川ガキ&川ガールになっちゃいましょう!

 

まずは、その様子を、地元のケーブルスタッフが、空からのドローンとボートから、Goproで撮った映像を紹介します。(you-tube より)

スポンサーリンク


「ふるさと交流センター」のラフティング体験

川を下るラフティング
四万十町昭和にある「ふるさと交流センター」のラフティング体験は、50代の私が乗っても安全で十分楽しめる体験型観光でした。

 

先日私が乗ったときは、小学生2人、60代のおばちゃん1人、50代の私、アメリカ人の女の子とお客さんは5人、それに地元ガイドさんが1人つきました。

 

ボートに乗れる人数は、大人、子供のバランスで若干変わりますが、四万十川ののラフティング体験は、小学生以上の子どもから年配の方まで楽しめるのが特徴です。

 

ゴツゴツとした切り立ったような岩があるかと思えば、広ーい川原があったり、白いしぶきが立ち、瀬音が響く急な流れがあるかと思えば、水深が3メートルから4メートルほどのエメラルドグリーンの深い場所があったりと、四万十川中流域は、いろんな表情を見せてくれます。

 

ラフティングのコースには、大岩からの飛び込みスポットあり、急流をみんなで力を合わせてオールをこいで乗り切りタイムあり、鳥のさえずりを聞きながら静かな四万十川と対話する時間ありと、見せ場やお楽しみスポットがあり充分楽しめます。

 

それに、地元のガイドさんがついているので安心です。

ただし、みんなで力を合わせて漕がないといけないので、ふざけてガイドさんの言う事を聞かない〝わりことし”(土佐弁で言ういたずらっ子)は、オールを持たせてくれませんよ(笑)

オールもむやみに振り回すと周りの人に当たって危険ですから。

 

原則、ラフティング体験は小学生以上です。初めてで怖い子どもは、オールを無理して漕がなくてもいいですよ。
しっかり、ロープを持って、足の先をボートの定位置にはさんで投げ出されないようにしましょう。

 

万が一、ボートから落ちたら・・?

 

ヘルメットとライフジャケットをしっかり身に着けてますから大丈夫です!
ガイドさんの言う通りに慌てず、行動しましょう。
(時々、ボートから投げ出されること、あります)

 

川を下っていると、大岩にがっしりと根ついて咲く色んな草木や花が見えます。たぶん、鳥の糞(ふん)の中に種があって、それが根付いたのかなー。

大雨で増水したら岩はあっという間に濁流の中に沈むけど、何日も濁流の中でへこたれず流されず、岩にかきついて養分を吸収しながら伸びていく草木たち。その雄々しい生命力に心を奪われます。

 

川の瀬音、鳥の声、目にやさしい緑の山と、高い空、澄んだ空気を思いっきり吸って四万十川の自然を楽しめるのが、ラフティングの魅力です。

 

ボートの出発点は、三島(みしま)という四万十川最大の中州があるところです。JRの鉄道橋が架っていて、私たちがガイドしているしまんトロッコからも時々、その様子を見かけます。所要時間は1時間半から約2時間と、たっぷり遊べますよ!

 

【川遊び公園・ふるさと交流センター】

場所 高知県高岡郡四万十町昭和671−2
電話 0880-28-5758
アクセス 車では高知市から約2時間。四万十町中央ICを降りて、国道56号線の窪川から国道381号線に入り約40分。宇和島方面からは、国道381号線を旧十和村方面へ。道の駅四万十とおわ(四万十町十和川口)から約10分。
最寄駅 JR予土線昭和駅より徒歩5分
HP 川遊び公園・ふるさと交流センター

ふるさと交流センター・ラフティングツアー

川遊び公園・ふるさと交流センター

所要時間 約2時間
定員(1艇につき) 5名
料金(1艇につき) ¥10,800円

ある一定以上の水量があると、ラフティングはできませんが、お問い合わせで川の様子を聞くことができます。普段の四万十川は穏やかですが、いったん雨が降り増水すると、思わぬ危険がひそんでいます。川遊びをする時は、細心の注意と準備をお願いしますね。詳しいことやご予約は、「川遊び公園・ふるさと交流センター」まで問い合わせて下さい。管理人の地元のIさんが、とっても親切に教えてくれます。

 

私が子どもの頃には、四万十川でラフティング体験ができるところなんて無かったのですが、今は、カヌーやサップ(SUP)=スタンディング・アップ・パドルボードというサーフボードのちょっと大きめのボードで、川下りをしたりその上でコーヒー&おやつタイムまでできる、アクティビティも下流域の西土佐に出来ています。
西土佐でサップ(SUP)やカヌー体験のできる、withriverRIVERウィズリバー

 

高知県では元気に遊べる山・川・海のアクティビティが目白押しです。心地よい日差しと川の匂いに包まれて、時々魚の姿を追ったり鳥のさえずりを聞きながら自然を満喫し、安全に楽しく過ごして下さいね。

【特集】高知観光 おすすめ コースをマップ(地図)入りでそれぞれ紹介

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪