高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

うなぎの仕掛け筒で獲る漁法の名前はコロバシ、別名は地獄漁(じごくりょう)

四万十川

天然うなぎが生息する四万十川。

私の小さい頃の夏の思い出は、父と一緒にうなぎを獲る仕掛け「コロバシ」を、四万十川へ漬けに行ったことです。

 

「コロバシ」という仕掛けは、竹や木で作った長細い箱の形をしている、うなぎを獲るための仕掛けです。夕暮れに川の中へ仕掛け、次の日の朝早く、その仕掛けを揚げに行きます。

 

「コロバシ」という名前は、川に転ばすようにつけるので、コロバシというのだと思います。

 

「うなぎが入っているかな~?」なんて、わくわくしながら、父のあとをついて川へ下りる道をトコトコ歩き、浅瀬をざぶざぶと川の中へ入ります。

 

水の中からコロバシを揚げる時、中の水がザーッと落ちていく時のあの音が大好きでした。

 

スポンサーリンク


伝統の漁法、コロバシ漁

 

四万十川沿いの道の駅でも手作りのコロバシをよく売ってますし、プラスチックの管で自分で手作りする人もいます。

 

この間、しまんトロッコに乗っていただいた高知市内からのお客さんは、大きめのプラスチックを切って作っていると言ってました。

 

うなぎは警戒心が強く、匂いが新しいと仕掛けの中には入りません。しばらくその川の中につけて、川と同じ匂いにするのが良いそうです。

 

うなぎを誘う餌には、川の小魚ハヤゴや、川エビ。一番いいのは、ミミズです!畑を掘ってミミズを捕まえ、コロバシの中に5,6匹に入れます。カンタローという大ミミズがいいという人もいます。

 

カンタローとは、正式名称:シーボルトミミズ。体長30センチもある大ミミズです。

 

びっくりするくらい大きいです。体の色は、光る紫色をしています。年に2回大移動する習性を持っていて、これに出くわすと大変なことになります。

関連 ミツバチの巣別れ、ミノムシの冬準備、カンタローの大移動、四万十川沿いのバグズライフは面白い

 

 

 

筒の中にいったん入ったウナギは、もう外には出られません。愛媛では、「じごく」とも言うそうです。

いったん仕掛けの筒の中に入ったら、もう二度と出られないですから、うなぎにとっては、確かに地獄ですね。

 

 

コロバシを水から揚げた時、重さがあって中で動いている気配があったら、ウナギが入ってます。お腹の黄色いのは、天然ウナギです。

 

 

うなぎを獲るには許可が要ります

川舟と漁師

四万十川では、ウナギを獲るのも、アユを獲るにも、鑑札が必要です。

 

密漁は厳しく取り締まりがあって、パトロールも頻繁に行われています。鑑札を扱う漁業組合も、四万十川の上流域と、中流域・下流域とそれぞれの地域にあるようなので、実際に釣る場所によって確かめてくださいね。

参考サイト :四国の河川漁業リスト

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪