高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

鮎の塩焼き 食べ方、串をはずしてマナーよく食べる方法

鮎の塩焼きはお好きですか?

季節を感じられる四万十川の天然鮎の塩焼きは、香ばしくて私も大好きです。炭火の遠火でじっくり時間をかけて焼いた鮎は、骨まで食べられます。がぶりと食いついて、骨ごとしっぽまで見事に食べる人もいますが、ちょっとした工夫で、骨と身を分けてきれいに食べられる方法があります。

これなら食べ物を粗末にしないというマナーもきちんとできます。小骨が苦手な人や小さな子どもやお年寄りでもにご紹介したい、おすすめの方法です。

スポンサーリンク


鮎の塩焼き、きれいに食べる方法

ayu 1
まず、串がついていたらはずします。”おどり鮎”という鮎が踊ってるかのようにくねっとまげて串刺している場合は、少々手こずります。

1、焼いた鮎の身を、箸(はし)で、ぐっぐっと上や横から押していきます。
骨から身を外す作業なので、けっこうしっかり押して大丈夫です。両側からも、上からも、ぐっぐっと、まんべんなく押して下さい。IMG_1395 (1)

2、尾(しっぽ)を、ぶちっと折って取ります。尾びれ、腹びれ、などもはずします。
IMG_1412

3、鮎の頭を持って、ちょっとねじるように骨ごと引っ張ります。ゆっくりゆっくり引っ張ります。たまに途中で切れてしまうこともありますが、あきらめず、切れてもそこからまた骨を引っ張っりだして下さい。

IMG_1398

骨がきれいに取れて、身だけ残り、これで、丸ごとがぶっと食べられます。

ただし、お腹の部分に小骨が残ってるときもありますので、小さい子どもさんには、よーく見て白身だけを食べさせてあげて下さいね。内臓が苦手な場合は、取り除いて下さい。ちょっと、面倒かもしれませんが、美味しくて骨を気にせず、美味しい鮎を、がぶっと食べられるとっておきの方法です。

町内の民宿「かわせみ」さんのおかみさんに教えてもらい、私もこの方法で鮎の塩焼きを食べてます。ちょっと手がよごれますが、それはお愛嬌、ペロッとなめて、鮎の塩焼きを無駄なくカッコよく食べてしまいましょう。新鮮な鮎で、炭火でじっくり焼いている鮎なら、ほとんど失敗なく上手にできます。冷凍の鮎の場合、身が離れにくく上手く行かない時もありますが、なんとかなります。

 

鮎の塩焼きは、骨ごときれいに食べるのが一番。串ごとがぶりと食べても大丈夫。ですが、私も小骨が苦手で内臓も苦くて食べきれません。無理せず、川の恵みに感謝して、食べられるところを食べましょう。

【特集】鮎の塩焼き 食べ方やレシピ 、天然鮎が食べられるお店や民宿はどこ?

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪