高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

四万十川 源流に近い 稲葉洞(いなばどう) 洞窟探検がおもしろい!

洞窟のコウモリ

洞窟(どうくつ)探検って好きですか?

暗くて狭いところ、平気ですか?

それと、コウモリがぶら下がっていても大丈夫ですか?(笑)

 

もしあなたが「洞窟!?行く行く!ワクワクする!」という方なら、ぜひおすすめしたい場所が、四万十川の源流にほど近い、稲葉洞(いなばどう)という洞窟です。ガイドさんの案内で友人と一緒に入ってみました。すっごい面白かったです。

 

稲葉洞(いなばどう)に入った時の様子を短い動画にしました。(約6分)

スポンサーリンク


津野町・稲葉洞(いなばどう)の場所

稲葉洞入り口

【稲葉洞の地図】

【場所】
〒785-0411 高知県高岡郡津野町船戸 高知県高岡郡津野町船戸4727−2

【お問合せ】
四万十源流センター「せいらんの里」
Tel.0889-62-3623

 

稲葉洞は、津野町の四万十源流センター「せいらんの里」近くに、ひっそりとたたずむとても小さな洞窟です。高知県には、龍河洞(りゅうがどう)という、日本三大鍾乳洞の一つとして有名な洞窟があります。龍河洞は高知県民の3世代4世代が、必ず行く観光スポットです。

 

そこと比べると、こちらの稲葉洞は、それほど有名ではありません。私も最近知りました。でも私は、この稲葉洞に入った途端、おごそかで、それでいて懐かしい感じがして、とても好きになりました。なんなら、一晩泊まってもいいぐらいです!もちろん、実際それはできませんけど(笑)

 

洞窟の入り口のすぐそばを、四万十川が流れています。入り口から中へ降りて行くと、3つほど道穴があるようです。そして、白龍(はくりゅう)さんと黒龍(こくりゅう)さんが住むという道穴があります。夏でも気温は15度くらいで、ひんやりとしています。

 

稲葉洞のすごいところは、その地層の古さです。2億2千万年前ってどんだけ昔?っていうくらいの地層に触れることができます。不入山(いらずやま)の源流を出た四万十川の一部が、いったんこの洞窟を通り、再び本流へと流れていきます。

稲葉洞(いなばどう)冒険ガイドツアー

稲葉洞の中
洞窟には自由には入れるそうですが、中はもちろん真っ暗です。初めて行っても、何がなんだか分からないと思います。私は「せいらんの里」の「稲葉洞(いなばどう)冒険ガイドツアー」をお願いしました。ガイドさん付きでヘッドライトとヘルメットと軍手を貸してくれます。約30分ほどでした。ガイドさんの説明があったので、とても分かりやすかったです。

 

四万十源流センター せいらんの里」
【稲葉洞(いなばどう)冒険ガイドツアー】
期間:通年
受付時間:10:00-17:00
定員:5名~7名(人数は要相談)
所要時間:約1時間
予約:7日前まで
料金:1人¥1,000円
☆ヘルメット、ヘッドライト、軍手を貸してくれます。動きやすい服装と運動靴で。

 

「せいらんの里」の様子はこちらです。
四万十川 源流 宿泊施設「せいらんの里」が素朴で素敵すぎる!美味しすぎる!

洞窟の好きな人とそうでない人

稲葉洞は、自然の好きな人や化石の好きな人、四万十川の好きな人、そして不思議が大好きな人にぜひ行ってもらいたい洞窟です。でも、どうやら洞窟は苦手、入りたくないという人もいます。例えば、友人J(男子)も洞窟には入りたくない派です。

 

友人「南海大地震が来て、ガラガラと崩れたらどうすんの!?」
私「そんなこと言ってたら、どこへも行けないでしょ!」
友人「閉じ込められたら?」
私「そんな簡単に崩れないから!」
友人「狭いところはイヤだー!!」
私「あ、、閉所恐怖症なんね、、」

その会話を聞いていたいつも冷静なSさんが言いました。
Sさん「地震でここが崩れるなら、もうとっくに崩れてるでしょ、2億2千万年前の地層なんだから・・」
友人「あ、そうですね、、意外と岩盤固いかも、、じゃ、行こかな」
私「でも、確かに地震で入り口が崩れたら、閉じ込められるかも」
友人「えっ!?やっぱ、行かない!」
私・Sさん「(笑)」

 

私の知り合いの女子と子どもは、迷わず「行きたい!」と言うんですけどね。おすすめの冒険スポットですが、無理強いはしません。確かに、頭上に大きな石が見え、落ちてきそうな感じですから(笑)

 

でも、メガロドン(厚歯二枚貝)転石は圧巻です!岩にぶら下がるキクガシラコウモリのすぐ横を通ります。騒ぐとコウモリもその音にびっくりして攻撃してくるそうなので、静かに静かに通ります。このコウモリくん、目がとっても可愛いです。けっして驚かさないようにそーっと通りましょう。

キクガシラコウモリ

キクガシラコウモリ

 

大好きな四万十川の源流点と、おすすめのお宿や冒険スポット特集はこちらです。

【特集】四万十川 源流点の場所(地図) お宿 おすすめ冒険スポット

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪