高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

天然アユに天然ウナギ、夏の四万十川はおいしいがいっぱい。

川舟と漁師
スポンサーリンク


四万十川の夏も本番です。

急に暑くなってきました。

こんにちは。しまんトロッコ1号旅ガイドのよしみです。

夕方、川沿いの道や橋の上から、なにやら

川面をじーとみる地元のおじさん達の姿が!

それもあちこちで見られます。

 

川では、舟を出しているおじさんもいます。

アユの魚群がいるか確かめているようです。

どうやら、今晩あたり、アユをとる火振漁(ひぶりりょう)をやろうかと、思案しているようです。

 

夏の四万十川の風物詩、伝統の漁法・火振漁(ひぶりりょう)

火降漁とは、夜、松明の灯りや、懐中電灯の光を振って、眠っているアユをおどろかせ、網へ追いやる漁法です。

舟を上手にこぐ技術と経験、カンが必要です。

鮎や鰻を獲るには、地元の漁業組合の許可証(鑑札)が必ず要りますが、火振漁は株を持っている漁師さんしかできません。

この火降漁では、多い時は、一網に200から300ほどのアユがかかります。

アユを網からはずす作業だけでも2.3時間かかると聞きます。

夕方、舟を出す作業から始まって、日が暮れると一斉に火を振り、そして仕掛けた網をあげ、すべての作業を終えるまで、夜中までかかることもあるそうです。

 

天然のアユは身が引き締まっておいしく、香魚といって、独特の香りがあります。

アユ漁が盛んな今の時期が、一番美味しい時期です。

うなぎ釣り

 

お腹が黄色いのが目印、天然ウナギ

そして、アユとともに今が旬なのが、天然ウナギ。

四万十川の天然のウナギは、お腹が黄色いのが目印です。

 

ウナギを釣るほかに、「ころばし」という筒状のしかけに、えさのミミズなどを入れて、夕方から朝方まで、川につけておき、えさの臭いでウナギをおびき寄せる方法があります。

 

いったん、ころばしの中に入ったウナギは、もう外には出られません。

「地獄漁」と呼ぶ地域もあります。

コ、コワイ呼び方です!

 

早朝、ころばしを上げに行きます。

ザーッと、川の中からころばしを上げます。

中にウナギが入っていると、ころばしがずしっと重いです。

傾けると、ザーッと、ウナギが出てきます。

 

素人の私は、とても素手ではつかめません!

軍手をはめていれば、ばなんとかつかめるでしょうか?

 

ニョロニョロ して、ギロギロです!

 

自然の恵みに感謝して、無駄にすることなく、ありがたく頂きます。

 

天然アユに天然ウナギ、夏の四万十川は美味しいがいっぱいです。

鮎の塩焼き

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪