高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

まろやかな味が魅力!ブランデーで作る金柑酒レシピ

ブランデーに漬けた金柑

金柑酒はビタミンや栄養がたっぷりで、寒い時期の風邪予防にもってこい。特に、ブランデーで作ると甘くまろやかな味に仕上がります。

作り方も簡単です。材料とビンさえあれば、漬け始めて約2週間から1ケ月ほどで出来上がります。

スポンサーリンク


ブランデーで作る金柑酒

材料

今回は、500グラムの金柑で作ってみました。

ブランデーは、果実酒用のブランデーベースリキュール35%(35度)を使いました。ブランデーは甘味があるので、ホワイトリカーで作るときより氷砂糖を少なめにします。

金柑 500グラム
氷砂糖 100グラム
果実酒用ブランデー 900ml

お好みで、レモンの皮を厚めにむいて、スライスして入れるのも可。

準備するビン

今回は、金柑が500グラムだったので、2リットルの果実酒用ビンを使用しました。
使う前に、大鍋で煮沸消毒します。

金柑の分量が1キロと多いなら、4リットル~5リットルの大きめのビンが良いです。氷砂糖が溶けるまで、ときどきビンをゆすってまぜるので、大きいほどまぜやすいです。

ビンを使う時の注意点は、ホワイトリカーで作る金柑酒と同じです。

関連 ホワイトリカーで作るスッキリ美味しい金柑酒の簡単レシピ

作り方

1、金柑はへたの部分を取り除きます。
金柑のへたの部分

2、水洗いして、一晩たっぷりの水に着け苦味を取ります。

3、ザルに上げて水を切り、水分が残らないように拭きます。約500グラムです。
計った金柑

4、フォークで数カ所、金柑に穴をあけます。
フォークと金柑

5、煮沸消毒したビンに、金柑500グラム、氷砂糖100グラムを入れます。
ビンの中の金柑と氷砂糖

6、ブランデー900ミリリットルを注ぎます。
ブランデーに漬けた金柑

7、ふたをして冷暗所で保存します。作った日にちを書いてメモを貼っておくと良いです。

8、氷砂糖が下に沈んでくるので、時々ビンを大きくゆすって混ぜます。

9、2週間~1ケ月ほどで出来上がり。

10、金柑やレモンは入れっぱなしだと苦くなるので、作った日から1ケ月をめどに取り除きます。

まとめ

ブランデーで漬ける果実酒の特徴

スッキリとした味に仕上がるホワイトリカー(焼酎)と比べると、ブランデーで漬けると甘味があり、まったりまろやかな味になるのが特徴です。

そのぶん、砂糖を控えめにすると良いです。

飲みかたは、

  • ロック(氷)

または、アルコール度数が高いので、

  • 炭酸水
  • お湯

で割ると飲みやすくなります。

そろえた材料

金柑酒を作ってみたいけど、近くで金柑がないよーというかたは、ネットでも無農薬の金柑が売ってますよ。

金柑(無農薬)

 

ブランデーベースリキュール

 

氷砂糖

 

果実酒用ビン

 

スッキリとした味が特徴のホワイトリカー(焼酎)の金柑酒もおうちで手軽に作れます!

関連 ホワイトリカーで作るスッキリ美味しい金柑酒の簡単レシピ

金柑の甘露煮ジャム、ピールなら、子どもも大喜びです!

関連 【特集】金柑の甘露煮とジャムやピールの作り方

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪