四万十川 道の駅とおわ「おちゃくりcafé」と「おかみさん市バイキング」が超おすすめ!

看板 観光

四万十川の中流域、国道381号線沿いにある地元「道の駅四万十とおわ」は、高知市からは車で約2時間、列車では土讃線と予土線を乗り継いで2時間はゆうにかかる場所にあります。

すごい田舎にありますが、すぐそばに最後の清流といわれるエメラルドグリーンの四万十川が流れ、地元のお茶や栗で作るスィーツ、それとおかみさん達の素朴で味わい深いお料理が、特におすすめです。

TVでもときどき取り上げられ、日テレ「東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~」でも「おちゃくりcafé」が紹介されてます。

番組HP  東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~

四万十川のほとりにある「道の駅四万十とおわ」を、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

道の駅四万十とおわの場所と営業時間

道の駅四万十とおわ店先


道の駅四万十とおわは、高知県の西部、四万十町の一番西に位置する道の駅です。

建物は、高知県産の杉や桧(ヒノキ)をふんだんに使った、落ち着いたたたずまいで、店先のとおわ市場には、近くの農家さんが作った旬の野菜が並び、店内には四万十のお土産物がたくさん置いてあります。

10年前にできた時は、こんな田舎にはたしてお客さんは来るんだろうかと?と心配でしたが、なんのなんの、地元のお茶で作った紅茶や大福、大きくて甘い四万十地栗(しまんとじぐり)で作るロールケーキといったスィーツはもちろん、四万十川の素材を使ったオリジナル商品をたくさん作り全国へ販売、オンリーワンを目指すとっても積極的な道の駅です。

【道の駅 四万十 とおわ】

住所
電話
道の駅・営業時間8:30~17:00(変更あり)
道の駅・定休日不定期
とおわ食堂・営業時間モーニング 9:00 ~ 10:30、
ランチ 11:00 ~ 16:00( L.O15:30)
とおわ食堂・定休日水曜、毎月最終日曜日(全館定休日あり)
HP四万十とおわ道の駅

私のおすすめは、やっぱり、十和のおかみさんたちが考案した「しいたけのタタキ」です。肉厚の椎茸をスライスして天ぷらにし、オリジナルのタレをかけて食べます。これが絶品です。作り方も教えてもらいました。

関連 ・しいたけ レシピ 個人的ランキング1位「椎茸のたたき」高知の郷土料理のちょっとしたコツ伝授します


一番の自慢は、すぐそばを流れる四万十川の景色です。テラスを出ると、左手の東から右手・西へと流れるエメラルドグリーンの川と、深い山も緑に心があらわれます。

蛇行する四万十川
テラスから右側の眺め
スポンサーリンク

shimantoおちゃくりcafé

おちゃくりカフェの建物

道の駅に併設されているカフェをご案内します。

地元でとれるお茶と栗を加工したスィーツが食べられる「おちゃくりcafé」では、ゆったりと流れる四万十川と目に優しい山の緑を眺めながら、ちょっぴり贅沢な時間が過ごせます。

十和(とおわ)はお茶の美味しいところ。そして、大きくて甘い栗が採れる地域です。

メニューは、「ふわふわモンブラン抹茶シフォン」(450円)や、「しまんと地栗甘露煮と食べくらべモンブラン」(600円)、夏は期間限定の「アイスモンブラン」(650円)など、栗づくし。

ドリンクは、自慢の四万十紅茶(ホット・アイス350円)、有機栽培のコーヒー(ホット・アイス450円)、抹茶、ジュースなど。

【shimantoおちゃくりcafé】

営業時間(3月〜11月)10:00~16:00
定休日木曜日
スポンサーリンク

さいごに

ここでしか味わえない、素材を生かしたオンリーワンの志向と味。四万十川にお越しのさいは、ぜひ道の駅とおわにもお立ち寄りください。

ホットペッパーグルメ 道の駅四万十とおわ

道の駅四万十とおわ
道の駅四万十とおわ
ジャンル:ドライブイン・道の駅
アクセス:高知自動車道中土佐I.C. 車70分
松山自動車道三間I.C. 車50分
住所:〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9(地図
周辺のお店のネット予約:
高知 個室居酒屋 若の台所 高知はりまや橋店のコース一覧
「和民」 高知追手筋店のコース一覧
藁焼き・龍馬 さかなや道場 高知帯屋町店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 梼原・津野・四万十町×郷土料理
情報掲載日:2017年7月13日
タイトルとURLをコピーしました