高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

田中律子さんの心すっぴん高知旅で紹介、心も体もデトックス効果抜群の四万十川の旅

女優の田中律子さんと、地元のRKC高知放送の人気女子アナ・石田佳世さん2人の、四万十川をめぐる1泊2日の旅番組がありました。

「四万十川こころすっぴん高知旅」

 

四万十川下流域の四万十市西土佐から、中流域の四万十町、そして四万十川源流の津野町までを巡る旅。

豊かな自然と、おいしい食べ物で、心も体も気持ちの良い、文字通りこころすっぴん旅でした。

四万十川沿いの町は、ほのぼのとして、人も自然も素朴です。

女子旅をするにも、安全。

そこが、地元のいいところかなと思います。

番組で紹介されていたお店やおすすめのスイーツなど、地元に住んでいる私からも、ぜひご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


西土佐でのカヌーと農家レストランしゃえんじり

tugani

地元ではツガニと呼ばれる「モクズガニ」

まずは、西土佐にあるかわらっこで、定番のカヌー体験

アウトドアが大好きで、山も川もお好きだと言われていた田中律子さん。

気持ちよーく、カヌーをこいでましたね。

私も、カヌー体験したことあります。

四万十川の中流・下流域は、穏やかな流れなので、子どもから年配まで幅広い世代で、カヌーやラフティングが楽しめるところが魅力です。

50代のスポーツ苦手な私でも、できました(笑)

 

下流域の西土佐は、川幅が広くて流れも穏やか。

沈下橋の下をくぐったり、雄大な景色が楽しめる、初心者にもできるカヌー体験ができます。

西土佐でカヌー体験をするなら、インストラクターもいて安心なカヌー館や四万十楽舎がおすすめです。

四万十川 川の駅 カヌー館

泊って遊ぶ学舎・四万十楽舎

 

そのあと、地元でも人気の「農家レストランしゃえんじり」でバイキング。

しゃえんじり、というのは、自分ちの家の前にある野菜畑のことで、舎園地からきているとか。

地元の女性6人が家庭的な味を提供し、リピーターも多いです。

地元でとれる野菜をふんだんに使ったお料理が、好きなだけ食べられるバイキング式。

今の季節なら、ツガニ(モクズガニ)のごはん、川エビのそうめん、アメゴの南蛮づけと、田中律子さんもアメゴを頭からがぶりと食べてました。

西土佐・地域づくりの会しゃえんじりの地図はこちらです。

やっぱり、自然のものは、体にいいです。

〒787-1324 高知県四万十市西土佐口屋内76

TEL&FAX 0880-54-1477

四万十町十和道の駅自慢の地栗スィーツ

DSC_0399

国道381号線、四万十町十和の「道の駅とおわ」は、

お土産などの買い物と、景色を堪能できる四万十川の観光拠点です。

2014年オープンした、四万十おちゃくりカフェでは、四万十川の絶品スィーツの地栗モンブランが、地元でとれるお茶と一緒に味わえます。

この地栗は、メロンより糖度の高い25度で、大きな栗だと50グラムもあるそうです。

びっくりですね。

お茶・栗・地元の食材にこだわる観光拠点、道の駅十和とおちゃくりカフェ

個人的には、ワタシ『紅茶大福』が好きです。

お取り寄せスイーツ「紅茶大福」高知県 四万十の初めての味。もしかしてあの大福を越えたかも!

霊泉が沸くホテル松葉川温泉でのーんびり

9233

お泊りは、四万十町のホテル松葉川温泉

ヌルヌルとしたアルカリ性の美人の湯は、評判のお湯。

地元の私たちも良く行きます。

透明のおいしい空気を吸いながら、目にやさしい緑の山を眺めて、さらさらと流れる源流四万十川の音を聴く。

ここの露天風呂がおすすめです!

ナイナイの花嫁候補達も宿泊したホテル松葉川温泉は、地元でも評判のお肌に良いヌルヌルの泉質

 

そうそう、松葉川温泉へ行く途中には、四万十川で一番古い沈下橋、一斗俵(いっとひょう)沈下橋や、清水大橋もありますよ。

 

四万十川で一番古い沈下橋、一斗俵(いっとひょう)沈下橋は国の登録有形文化財です

 

四万十川の沈下橋で住所も近い2橋を渡り比べよう!四万十町の一斗俵沈下橋と清水大橋

 

旅の終わりは、四万十川の源流のまち津野町

標高1336メートルの不入山(いらずやま)

196キロメートル流れる四万十川の源流点がある山です。

この山の8合目あたりに、源流点があります。

源流点目指して山を登ると、手つかずの自然がいっぱい。

大きな岩山と、ピンク色に見える谷水が印象的です。

水がピンク色に見えるのは、石の色ではなく苔の色だそうですね。

津野町は、お茶の美味しいところ。

お茶の製造・加工がされている「満天の星」

ほうじ茶ロールケーキが、めっちゃ美味しそうでした。

 

山がきれいだから海もきれい

DSC_0605

自然の恵みが豊かな四万十川

次の世代に残していくためにも、川のほとりに住む私たちはみな、大事にせんとね(大事にしないとね)と、心から思っています。

来年4月から始まる「2016奥四万十博」

たくさんの方に来ていただいて、自然の中で心も体ものんびりとしていただけたらなーと思います。

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪