高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

海を渡る蝶アサギマダラが、四万十町郷土資料館のフジバカマやヒヨドリバナの蜜を吸いにやってきました

こんにちは。しまんトロッコ1号旅ガイドのよしみです。

南方から海を渡ってやってくる、アサギマダラという蝶をご存知ですか?

数年前から、四万十町大正にある、四万十町郷土資料館の玄関のそば、山の斜面に植えているフジバカマやヒヨドリバナに、そのタフで魅力的な蝶が、蜜を吸いにやってくるようになりました。

スポンサーリンク


一度見たら忘れられない美しさ

漢字では浅葱斑(あさぎまだら)と書くようですが、茶色の縁取りに淡いブルーが入った、美しい色どりをしており、飛び方もとても優雅。

台湾や沖縄などの南方から、毎年春から初夏に日本の本土へと北上し、秋になると南下する。

まるで渡り鳥のような不思議な生態の蝶です。

移動する距離は、1000キロから2000キロ。

バラバラで旅をすることもあれば、1000頭という群れをなすこともあるそうです。

不思議な生態

どうやら、四万十川沿いは、移動の中継地として、飛来しているようです。

その不思議な生態を調査するために、マーキング調査(油性のフェルトペンで、蝶の羽の白い部分に、捕獲場所や年月日、捕獲した人の名前を記入)が行われており、

高知県でも県立のいち動物公園などで、マーキング調査がされています。

なぜ、それほど長距離を移動するのか、どのように移動するのか、また本当にどこまで移動しているのかなど、その生態はまだまだ謎が多いそうです。

四万十町の郷土資料館には、まだ数頭のみが飛来しているようですが、アサギマダラが好むとされている、フジバカマを500本植えたそうです。

いつの日か、アサギマダラがたくさん飛来してくれたらいいですね。

0142-520x345

上下の写真2枚は、「画像・写真・壁紙の素材が無料のピクリア」 より

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪