高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

四万十川で一番古い沈下橋、一斗俵(いっとひょう)沈下橋は国の登録有形文化財です

一斗俵沈下橋

四万十川に現存する一番古い沈下橋、一斗俵(いっとひょう)沈下橋。

国の有形登録文化財の橋です。

JR窪川駅から車で15分。

きのう紹介した、古代のロマン、約2000年前の銅矛(どうほこ)が四万十川沿いの山に突き刺さった!?という伝説の残る地域

約2000年前の銅矛(どうほこ)のあるお社を越え、四万十川の上流へのぼった、壱斗俵(いっとひょう)という集落に架かっています。

 

 

スポンサーリンク


国の有形文化財として登録

一斗俵沈下橋は、昭和10年(1935年)に架橋されました。

現在、四万十川には管理者のはっきりとしている沈下橋が、支流に26、本流に21と、計47ありますが、それら「四万十川沈下橋保存方針」の対象となっている橋のうち、一斗俵の沈下橋は、最も古く、美しい橋です

 

老朽化のため、車は通行できません。

車止めがされています。

でも、夏場は、風が吹き、深く澄んだ川に、地元の子供たちが飛び込みをして遊ぶことのできる、憩いの場です。

平成12年(2000年)に、国の有形登録文化財として登録されました。

高知県のフォトスポット100景にも登録されています。

 

一斗俵沈下橋の看板

こんなところに!

沈下橋を渡っていると、橋げたのつなぎ目に、きゅうりのようなメロンのような葉っぱが、にょきにょきと顔を出していました。

コンクリートの橋の真ん中ですよ!

こんなところに!?って、びっくりです。

ド根性きゅうり(メロン)です。

ひょっとしたら、鳥の糞の中に種があって、ここに落とされたのかもしれませんね。

コンクリート製の橋に根付くきゅうりの苗

秋の一日、周りの田んぼから稲穂の香りがする、一斗俵沈沈下橋の紹介でした。

この橋から、もっと奥の上流に、霊泉・松葉川温泉がありますよ。

ぜひ、足を伸ばして行ってみて下さいね。

ナイナイの花嫁候補達も宿泊したホテル松葉川温泉は、地元でも評判のお肌に良いヌルヌルの泉質

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪