高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

春休み家族旅行おすすめ 2016!予土線3兄弟のおもしろさは乗ってみなきゃ分からない!

shimantrocco

春休み、子どもと一緒の家族旅行、おじいちゃんもおばあちゃんもみーんな一緒に、四国・高知の田舎を走る鉄道列車を、楽しんでみませんか?

伊予の国・愛媛県と土佐の国・高知県を結ぶ、自然豊かな予土線。

♪予土線3兄弟♪という、なんだか楽しい3つの種類の列車が走っています。

スポンサーリンク


一番上は、しまんトロッコ

P1010581

昭和59年から40年以上、この予土線を走る、日本初の観光トロッコ列車です。

山吹色の車体が、緑の山々や青く澄んだ四万十川にとても映えて、すっごく目立ちます。

地元の子ども達にも大人気です。

例年、春休みから運行が始まり、主に週末(土)(日)祝日と、宇和島ー窪川間を1往復しています

2016年は、3月26日(土)から、運行が始まります。

定員40名の小さなトロッコなので、要予約です。

私のおすすめは、窓側 ← あ!窓はないですけど、「窓側」の席。

風がびゅんびゅん入るので、びっくりするかもしれません。

子ども連れの家族に、とても人気のしまんトロッコ。

鉄道が、国道381号線と並行して走る区間が多いので、子どもとお母さん・おばあちゃん達はトロッコに乗り、車の運転手のお父さん・またはおじいちゃんが、しまんトロッコを追いかけながら、撮影スポットの要所要所で、子どもたち家族の写真を撮る、というレアな楽しみ方があります。

トロッコから、お父さんやおじいちゃんの姿を見つけた時に、

「お父さーん!」

「おじいちゃーん!」

と、にっこにこで手を振る、子ども達の飛びきりの笑顔が、本当に可愛らしいです。

しまんトロッコの予約は、1ケ月前の午前10時からです。

参考 JR四国さんのHP

関連 四国 旅行のおすすめスポット!自然がいっぱいの四万十川を走る日本初の観光トロッコ列車「しまんトロッコ」の席の予約と楽しみ方

BV4qoWUCMAA3BQV

これぞ、オタク系列車、海洋堂ホビートレイン

hobi-torein

初号機は、赤を基調にしたラッピングでした。

2代目の現在はSFをテーマに、恐竜の時代から未来へとつながっているイメージの外装です。

3代目は、いったいどんなラッピングになるのでしょうか?

3兄弟の末っ子は、0系新幹線型鉄道ホビートレイン

DSC_0278

たった1両の、新幹線。

日本で一番遅い新幹線と言われています。

「もどき」と言われようが、「なんちゃって新幹線」と言われようがいいんです。

インパクトが有りすぎです!

これが出来た時の、JR四国の職員さんのドヤ顔は忘れられません!

 

朝一番に、この新幹線型の列車が、四万十川の朝もやの中を走る姿はすがすがしくて、きりっとしていて、私は大好きです。

3つの種類の、列車に乗るために大事なのは、どの順番でどこからどう乗るかの計画です。

1日強硬スケジュールで3つ制覇するコースや、2日かけてのんびり満喫するコースもあります。

モデルコースはこちらです。

参考 モデルコースー予土線3兄弟

春休みの家族旅行に、ぜひぜひ乗りに来てください。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪