高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

うなぎのたれの作り方!コツは甘ものには塩

うなぎを美味しく食べるためには、たれが決めて。炊きたてのホクホクした白ご飯に、蒲焼にした天然モノのうなぎ、それも大きめの切り身で、たっぷりとたれをかけて食べたら、もう幸せです。

私はたれだけで白ご飯がお代わりできるくらい好きです。これはダイエット的にはまずいですけど。。

美味しいうなぎの蒲焼を食べるための、簡単なたれの作り方を、ちょっとしたコツと一緒に、郷土料理の達人に聞きました。

スポンサーリンク


簡単、うなぎのたれの基本は1:1

IMG_1271
基本は、濃い口醬油とみりん、1:1
【材料】

濃い口醤油 300cc
みりん 300cc
砂糖 200g~300g(お好み)
100cc
少々

【作り方】

1、醤油とみりんを鍋に入れて、加熱します。

2、そこに、酒と砂糖をお好みの味で加えていきます。
うちは甘めなので、醤油:みりん:砂糖を1:1:1で作ってます。

3、うなぎの頭や骨があれば、一緒に煮詰めていきましょう。いい出汁が出ます。

4、そして、コツはほんのちょっとのお塩。「甘物にはちょっとだけのお塩」それがコツだそうです。ほら、甘~いお汁粉を作る時、最後にお塩をひとつまみ入れて、甘さを引き立てさせますよね。それといっしょです。

 

田舎のおばちゃんのおすすめは、うちの近くで作っている「山塩小僧」です。あら塩で、山の中でじっくりと天日干しで作っています。普通の塩より値段が高いのですが、塩なのに甘塩い、不思議な味です。田舎では、お料理の隠し味に使います。お料理が奥深い味わいになります。

securedownload四万十川の天然のうなぎ

四万十川の天然うなぎは、お腹が黄色いです。味は養殖と違い風味があり、ぷりぷりしてます。はえ縄漁で獲ったり、コロバシという仕掛けの筒で獲ったりします。エサは何だと思いますか?
うなぎ 釣り 餌のおすすめは、ハヤゴにミミズに、え?コオロギ!天然うなぎのお腹は黄色

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪