高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

【特集】イタドリの食べ方 下処理から塩漬けの保存 丸わかり編

春の山菜、イタドリは高知の郷土料理の定番です。コリコリとした歯ごたえがたまらなくて、私も大好きです。イタドリをおいしく食べるには、独特の酸味(えぐみ)を取る下処理が、欠かせません。簡単・人気のレシピや、塩漬けして保存する方法まで、高知の人気者イタドリ特集です。

スポンサーリンク


イタドリ料理のその前に、あく抜きの下処理を

IMG_0975

イタドリは、そのままでは酸味が強くマズくてとても食べられません。でも、子どもの頃は私もポキンと折って皮剥いで、塩つけて食べてたな~(笑)イタドリは適度な大きさの頃に採取して、新鮮なうちに下処理をすればごちそうに大変身します。まずは、皮をピーッと剥いで、あく抜きをしましょう。

 

塩漬けした後のイタドリは、シャキシャキとした食感が魅力です。塩漬けの方法と、塩抜き、お肉と炒める簡単レシピの紹介です。
イタドリの食べ方 レシピを伝授!下処理と塩漬けで シャキシャキ食感のごちそうに変身!

塩漬け無しの下処理と塩分控えめの保存方法

イタドリって、本当に美味し山菜ですが、正直下処理がめんどくさい!水にさらしてあく抜きするのに一晩かかります。ですが、達人の域になると、やはり違います。
1、塩漬け無しですぐに食べられる方法と
2、塩分控えめ!水分出して冷凍保存
の方法を郷土料理の達人に教わりました。

イタドリ 下処理 1塩漬けなしの食べ方と 2塩分ひかえめ冷凍保存の方法

ジャムにもなるよ、さわやかな甘酸っぱさが特徴です

IMG_1048

私も最近まで知らなかったレシピです。
イタドリを酸味を生かし、ジャムにしちゃう簡単なレシピです。

イタドリ ジャム 簡単レシピ!甘酸っぱさが魅力の意外な味

高知では、子どもも大人もイタドリ採りが大好きです。

イタドリ の食べ方 下処理(あく抜き)で ごちそうに大変身!

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪