高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

土佐市の蓮(はす)で有名な蓮池公園の場所、ピンク色の大賀ハスと八重茶碗ハスに癒されます

高知県土佐市の昔から有名なお花の咲く名所と言えば、はすの花が咲く池「蓮池公園(はすいけこうえん)」です。

 

私もお花の大好きな方に「土佐市の蓮池は小さな池だけど、見事なハスの花が咲くよ。ぜひ見に行ってごらん。午前中にね!」と教えてもらいました。

 

蓮池のある蓮池公園は場所も分かりやすく、すぐ隣りに蓮池コミュニティセンターと駐車場があります。出間(いづま)の早咲きのひまわり畑からもそれほど離れていません。

 

はすの花の見頃は、6月終わりから7月初旬。早咲きのひまわりの見頃は、6月から7月初旬頃です。蓮の花と早咲きのひまわりが、ちょうど咲いていれば両方楽しめます。

スポンサーリンク


土佐市 蓮池公園の地図と行き方

【蓮池(はすいけ)公園】

場所 高知県土佐市蓮池 1332
アクセス 土佐市内、国道56号線(土佐道路)矢野建材店さんと中野運送さんの間の道を南へ、車で約4分。蓮池コミュニティセンター隣り。

 

蓮池公園にある池は、広さは38ヘクタールのこじんまりとした池です。池の中に木造の遊歩道が作られていて、ピンク色のハスの花を間近に見ながら散策できるようになっています。池には、人慣れしている大きな鯉も泳いでいます。
image (2)

見頃の日曜日には「蓮池ハス祭り」が行われています。地元、高岡中学校吹奏楽部による演奏や、子どもたちのダンス、地場産品の販売もあり、のんびり蓮の花に癒されながら催しです。

 

【2017蓮池ハス祭り】

日時 2017年7月9日(日) 8時~昼頃まで
場所 土佐市蓮池1332番地 蓮池公園
主催 蓮池ハスまつり実行委員会
問合せ先 蓮池コミュニティセンター(休館日:水・金)
TEL 088-852-7928

 

古代から存在する蓮(はす)

image (3)

大賀蓮(おおがはす)

土佐市の蓮池公園には2種類のハスの花が咲きます。
・大きめの淡いピンクの大賀蓮(おおがはす)と
・小ぶりで色が少し濃い八重茶碗蓮(やえちゃわんはす)です。
東側の池に大賀蓮、西側の池に八重茶碗蓮が群生しています。

 

大賀蓮は1951年(昭和26年)に、千葉県の落合遺跡で発掘された2000年以上前(弥生時代以前)の蓮の種から発芽させ開花した蓮です。発見、発芽させた博士の姓をとって大賀蓮と命名されています。古代ハスとも言われています。千葉県の天然記念物でもありますが、日本各地に分けられ、美しい花を咲かせています。

 

蓮は植物のなかでも最も古いもののひとつで、約1億4000万年前に、地球上 に存在していたといわれています。泥の中から美しい花を咲かせるとも言われる不思議な花。よくお釈迦様の絵にも出てきますよね。

 

花の命は4日間。花の命は短くて切ないですね。早朝6時ごろから咲き始め、午前中にその多くが閉じてしまうそうです。4日目の花は、すべての花弁が散ってしまいます。花が散ったあとの中心部には、花托(かたく)ができます。その形が蜂の巣に似ていることから「はち巣」→「はす」と呼ばれるようになったそうです。

 

ハスの花は午前11時にはだんだん花が閉じてきます。 なので、ハスの花は午前中に見に行きましょう。ピンク色のハスの花に、心が癒やされ穏やかな気持ちになります。

 

IMG_1755

八重茶碗蓮(やえちゃわんはす)

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪