高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

列車から手紙を送ってみよう!全国初、車内に郵便ポストのあるJR四国の鉄道ホビートレイン(プラレール号)

新幹線型鉄道ホビートレイン

列車内の郵便ポストから、手紙やハガキを送ってみませんか?

JR四国・予土線を走る0系新幹線型の鉄道ホビートレイン(プラレール号)の車内に、全国のJRでは初めて、郵便ポストがお目見えしました。

地元住民はもちろん、観光で予土線に乗られる方にも、きっと喜ばれるに違いありません!

  • 可愛らしい郵便ポスト
  • プラレールの展示
  • Nゲージの展示

など、ホビートレイン(プラレール号)の様子をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


車内の特設ポスト

郵便ポスト
車内の中に設置されたポストです。ちっちゃいけど、いっちょ前です。

青で統一されている車内にポストの赤が映えます。白字で大きく書かれたGは、予土線の通称・グリーンラインの頭文字です。

利用案内を読んでみると

  • 普通郵便のみの取り扱い
  • 速達や書留、年賀状はダメ
  • 郵便物は宇和島郵便局へ集荷
  • 予土線オリジナルの小型記念日付印が押印

とのこと。

ポストに投函すると、イラスト入りのオリジナル消印が押されます!

早速、私も鉄道ホビートレインの郵便ポストを利用してみました。

私は、しまんトロッコの中で車掌さんからいただいたポストカードにもなる「乗車許可証」など、ハガキ3枚にそれぞれ62円切手を貼りました。そのうちの1枚は自分宛てです。(笑)

車内ではハガキや切手は販売されていません。あらかじめ用意しておきましょう。

郵便ポストに投函

オリジナル消印

予土線オリジナルの消印が押されるということですので、届くのを楽しみにしていました。

後日、届いたハガキはこちらです。土曜日に投函しましたので、翌週月曜日の消印、翌日配達されました。四万十川につきものの沈下橋(ちんかばし)と鉄道ホビートレインのイラストです。

オリジナルの消印

鉄道ホビートレインの概要

鉄道ホビートレインは、キハ32-3形を改造して作られた、団子鼻が可愛い初代0系新幹線そっくりの、たった1両のめっちゃ可愛いディーゼル列車です。2014年3月から運行されています。

唯一、新幹線が走っていない地域の四国ですけど、新幹線型の鉄道ホビートレインを作っちゃえってことになったには、わけがあるんですね~。
関連  予土線の新幹線 鉄道ホビートレイン その魅力

プラレール車両の展示

2017年3月にタカラトミーとのコラボレーションで「プラレール号」が始まりました。

車内の円形ショーケースには、0系、100系、300系、500系、N700系のプラレールが展示され、ちゃっかり鉄道ホビートレインもくわわってます。

ロングショーケースには、全国各地の新幹線や蒸気機関車、特急列車のプラレールから四国のレアな車両までが展示され、プラレールの好きな子どもはもちろん大人も、かぶりついて見ています。

うちの子もプラレールに、はまってたな~、なんて思い出しながら私も見ています。

Nゲージ車両の展示

車内に6カ所あるNゲージ用ショーケースの中には、新幹線、貨物、特急、SLと展示されています。

700系、500系、みずほさくら、N700A 、金太郎、桃太郎 、165系、313系 、C57、トワイライト。Nゲージ好きの人には、たまらないでしょうね。

予土線の場所

鉄道ホビートレインは、JR四国の予土線、宇和島(うわじま)ー窪川(くぼかわ)のあいだを毎日走っています。自然豊かな四万十川沿いを眺めることのできる絶景路線です。

鉄道ホビートレインの時刻表

時刻表

黄色い枠は土日祝日等の運転(画像引用:JR四国HP鉄道ホビートレインhttp://www.jr-shikoku.co.jp/yodo3bros/tetudohobby/index.htm)

宇和島から窪川の約2時間を早朝から夜遅くまで走っています。

※黄色い枠は、土日祝日等の、宇和島(うわじま)ー近永(ちかなが)のあいだでの運転です。

たまに、車両検査やイベントにお呼ばれして不在の時があり、そんな時は一般車両が走ります。事前にJR四国のHPでもお知らせされますので、観光で来られるときはチェックして下さい。
参考サイト JR四国 鉄道ホビートレインのページ

車内の様子

可愛いだけではありません。車内のいたるところに、鉄道好きをくすぐる工夫が凝らされています。

予土線はロングシートが定番ですが、この鉄道ホビートレインには、初代新幹線で使われていた座席が4台あります。前2台をくるっと転換すると対面の座席になります。

人気のある席なので、私もたまにしか座れませんが、グループや家族連れのかたが喜んで利用されています。

ワンマン列車ですので、降りる時にお金を運賃箱に入れます。運転席のそばにある運賃表には、なぜか東京や新横浜、新大阪の駅名がのっています。「なんでやねん!」と突っ込みたくなりますが、東海道新幹線の開業当時の停車駅なんです。
車内の料金表

記念葉書とフレーム切手

予土線3兄弟のオリジナル葉書

連携協定の記念に、予土線3兄弟それぞれのオリジナルハガキ(各185円)とフレーム切手(1シート1,300円、限定1,000シート)の販売も始まりました。

私も近くの窪川郵便局で購入しました。

ハガキは、なんか・・昔あった飛び出す絵本みたいな感じです(笑)

鉄道ホビートレインは愛媛県の牛鬼のイラスト、海洋堂ホビートレインには滑床渓谷(なめとこけいこく)、しまんトロッコには四万十川最古の沈下橋・一斗俵(いっとひょう)沈下橋のイラストが入ってます。

少しサイズが大きい定形外郵便ですので、送る時は120円分の切手を貼って下さい。

 

フレーム切手の「ひと結び 予土線 愛媛の旅編」は鉄道ホビートレインが、「高知の旅編」はしまんトロッコがメインのようで、私も嬉しいです。

予土線沿いにある郵便局でも販売されています。鉄道ホビートレインに乗る前に購入して、車内の郵便ポストから投函すると、旅のよい記念になるんじゃないかと思います。

ホビートレインの記念切手

画像:日本郵便オリジナルフレーム切手http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/frame/detail.php?id=337

しまんトロッコの記念切手

画像:日本郵便オリジナルフレーム切手http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/frame/detail.php?id=338

貴方の思い出の鉄道があるかもしれません鉄道切手でめぐる《スタマガネット》旅情

まとめ

遊び心満載の鉄道ホビートレイン。

今回、車内に設置されたポストは、JR四国と日本郵便四国支社が地域のにぎわい創出を目的に、協力協定を結んで実現されたものです。

少子高齢化が進み人口がどんどん減少している四国で、両社は無人駅に郵便局を誘致したり、郵便局員による無人駅の状況確認など今後、相互協力が予定されているとのことです。地元住民としても、とても心強く思います。

予土線には、

  • しまんトロッコ(長男)
  • 海洋堂ホビートレイン(次男)
  • 0系新幹線型・鉄道ホビートレイン(三男)

予土線3兄弟といわれる面白い列車が走っています。

関連  海洋堂ホビートレイン かっぱうようよ号 の時刻表 運行は1日4便

関連  しまんトロッコ 予約や座席 時刻表(2017) 素朴でワイルドなJR四国観光列車

四万十川沿いを走る予土線3兄弟の末っ子、車内の郵便ポストも可愛い鉄道ホビートレイン(プラレール号)に乗って、ぜひ列車から手紙を出してみて下さいね。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪