高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

おうちで簡単!柚子(ゆず)の種で化粧水をつくる方法

柚子

おうちで簡単にできる柚子(ゆず)の種・化粧水の作り方をご紹介します。

柚子の果汁をしぼったあとに残る種を利用します。

日本酒または焼酎、ホワイトリカーに種を漬けてできるので安くて手軽です。

保湿効果にも優れお肌に優しい天然素材の柚子化粧水は、冬の乾燥期に効果てきめんです。

私は、もともとアトピー性皮膚炎があり紫外線にも弱い敏感肌ですが違和感なく使用できています。

アルコールのアレルギーなどがある方はお肌に合うかどうかパッチテストをして判断して下さいね。

スポンサーリンク


準備するもの

材料

柚子の種 3個分(約40~50個ほど取れます)
日本酒または焼酎(ホワイトリカー) 200ml

用意するもの

  • ザル
  • 入れる瓶(ビン)

注意点

  1. ザルと瓶(ビン)はあらかじめ煮沸消毒しておきます。
  2. 焼酎、ホワイトリカー(度数35度)のほうが、菌の繁殖を抑え、保存するにも良いです。
    でも、匂いなど個人の好みがあると思います。私は日本酒党なので純米酒を使用して、1か月間で使い切る程度で作ります。
  3. お酒ではなくお水でも出来ますが、その場合はあまり日持ちしません。すぐに使い切る方が良いようです。

作り方

果汁を絞ったあとの柚子を使います。

工程は以下の3つです。

  • 種を取り出す
  • 酒またはホワイトリカー(焼酎)に漬ける
  • ザルまたはフィルターで濾す

 

ちなみに、絞った果汁は柚子ジュースにしたり、調味料として寿し酢やぽん酢に使えますよ。

柚子ジュースレシピは、こちらで紹介しています。
関連 ~田舎流~柚子のしぼり方と柚子ジュースレシピ

柚子の外皮や内皮も全部使えば、栄養満点の柚子ジャムができあがります。
関連 栄養満点!人気の柚子(ゆず)ジャムの作りかた

では、柚子化粧水のくわしい作り方です。

1.種を取り出す

半分に切った柚子
包丁で柚子を輪切りします。赤道切りにして、皮が2cmくらいつながった状態にすると絞りやすいです。

柚子をしぼる様子
柚子を絞り、種と果汁とに分けます。

柚子の種
種受け用にザルを使うと便利です。

ビンに入れた柚子の種
種は水で洗わず、そのまま煮沸消毒したビンに入れます。スプーンを使うと楽です。

 

2.酒またはホワイトリカー(焼酎)に漬ける

ビンに注ぐ
お酒またはホワイトリカーを注ぎます。

ビン入りのゆず化粧水

分量の目安は、酒(またはホワイトリカー):柚子の種=3:1

日本酒や焼酎ののワンカップ(200ml)のビンを使用すれば、分量も分かりやすく煮沸消毒も要りませんよ。
ビン入りの柚子の種と酒

蓋(ふた)をして、冷蔵庫に1週間ほど保存します。

ビンに入った種

だんだんとトロッとした液体になります。種どうしがくっついて固まるので、ときどき清潔なスプーンを使ってまぜます。

3.ザルまたはフィルターで濾す

柚子の種とザル

1週間後、液体がとろとろっとしてきたら、化粧水の出来上がりです。目の細いザルで濾します。

コーヒーフィルターで濾す

柚子の繊維が気になる場合は、コーヒーフィルターまたは台所用の不織布などを利用して濾(こ)します。

どろっとしているので、少し時間がかかります。

トロミが多くて出ずらくなったら、スプーンで押す、またはフィルターを変えてみてください。

あとは小分けして冷蔵庫の中で保管しながら、化粧水として使用します。(^-^)v

使用した種の利用法

お風呂に入れる

ゆずの種を小分けする
化粧水に使用した柚子の種は、お茶の葉用の不織袋に入れて、お風呂のお湯にポーンと入れると、お肌がしっとりしていいです。

一度に使いきれないくらい柚子の種がたくさん採れたら、ざざっと水洗いしてザルに上げ、冷凍または乾燥させ、小袋に分けて保存します。

これならいつでも使えます。

柚子の種化粧水を作るきっかけ

私が住んでいる高知県は柚子の産地です。

「柚子は捨てるところがない!」と、田舎のおばちゃんたちは口をそろえて言います。

「種をお酒に漬けてみいや。化粧水ができるで。」

と柚子農家さんに教えてもらったのが、私が柚子の種・化粧水を作り始めたきっかけです。

柚子は、果汁や皮の部分はもちろん、種まで活用できるのです。

四万十川沿いでも、本格的な寒い冬が来る前に、農家さんたちは柚子の収穫をします。

絞り汁は、「ゆの酢」と言って、お寿司を作るときの大切な決め手になります。

皮の部分は、砂糖・醤油で煮つけて、おかずにすることもあります。

「あんまり食べ過ぎて、柚子は足りたぞ!」(食べ飽きたぞ)というくらい、高知県は柚子づくしのお料理が多いのです。

柚子の種が化粧水として優れている訳

柚子

ユズペクチンの効用

柚子ジュースを作るのに手で絞っていると、ねちょねちょっとした感覚があり、手がもちもちっとしてきます。

これは、柚子の種を覆っているユズペクチンという物質の作用です。

ペクチンは水溶性の食物繊維で、あらゆる植物に含まれている天然の多糖類です。

たとえば、柑橘類でジャムを作っていると、ゼリー状に固まってきますね。あれがペクチンの作用です。

特に、柚子の種の周りには透明ジェリーのようなユズペクチンが多く含まれています。

ペクチンは、コレステロール抑制や、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病の予防、さらに肥満、便秘、整腸作用にも効果があるとも言われる、女性にとって魅力的な成分です。

まとめ

ご紹介した柚子の種化粧水の材料を紹介します。

「材料がまとめて欲しいよー」というかたは、セットで購入できます。

「種はあるから、日本酒で作っちゃおうかなー」というかた、余ったお酒は料理に使うか、または飲んじゃってください。^^

焼酎35度を使うと日持ちします。

入れ物はジャム用などのビンでOKです。

高知県の馬路村(うまじむら)は、柚子の産地として有名で、柚子の成分を利用した化粧水や乳液などが製造・販売されています。

柚子を使った化粧品は、ふるさと納税の返礼品としても人気が高いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】umaji化粧品スタンダードセット[380]
価格:19500円(税込、送料無料) (2019/11/25時点)

楽天で購入

 

 

栄養満点の柚子で寒い季節を乗り切っていきましょうね。

人気の柚子(ゆず)料理レシピをこちらでご紹介しています。

関連 【特集】農家さんおすすめ柚子を使った簡単レシピ

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪