高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

鬼柚子(おにゆず)獅子柚子(ししゆず)の使い方と食べ方

大きくてボコボコした黄色い表皮が特徴の 鬼柚子(おにゆず)をご存知ですか?

別名・獅子柚子(ししゆず)ともいいます。

柚子(ゆず)や文旦(ぶんたん)と同じく、11月・12月頃に見かける大きな柑橘類です。

ビックリするくらい大きな果実です。
なにに使うのでしょう? どんな味がするのでしょう?
すごく気になります。
スポンサーリンク


鬼柚子・獅子柚子の使い方

でこぼこでごつごつとした皮が特徴の鬼柚子は、まるで鬼の顔のような形であることから邪気を払う縁起物として、お正月の大きな鏡餅の飾りや、観賞用として使われています。

最近では、冬至の柚子風呂に浮かべて利用されています。

鬼柚子・獅子柚子の食べ方

ところで鬼柚子・獅子柚子は食べられるのでしょうか?

農家さんに聞いたところ、「食べられるけどちょっとボケた味がするよ。」とのお返事です。

その味が気になったので、私もピール(砂糖漬け)を作ってたしかめてみました。

鬼柚子を切った断面

鬼柚子と柚子の断面

鬼柚子を半分に切ってみました。

ひだりの柚子と比べるととても大きいですね。普通の柚子の4倍ほどの大きさです。

柑橘系のいい香りがします。柚子と比べると、少し柔らかい香りです。

断面は、綿のように白くて柔らかいアルべドという部分が多く、果実の部分が少ないです。

鬼柚子・獅子柚子の味

試しに果実の部分を生で食べてみましょう。

柚子ほどきつい酸味はありません。しかし、残念ながら文旦(ぶんたん)ほど美味しくはないです。

鬼柚子はインパクトの大きな見た目とちがい、はっきりしない味という印象です。

鬼柚子・獅子柚子レシピ

鬼柚子はそれほど美味しいものではありませんが、私と同じくどうしても鬼柚子を食べてみたい!という誘惑にかられるかたは、皮の部分と白いアルベドの部分をつかってピール(乾燥させて砂糖をまぶしたもの)を作ってみましょう。

作り方は文旦ピールと同じです。

関連 文旦ピールの作り方

鬼柚子はユズじゃない!?

鬼柚子と柚子
鬼柚子はユズと言う名前が付いていますが、実はユズの仲間ではなく、文旦(ぶんたん)の亜種です。

文旦は、鬼柚子と同じくらいかやや小さいくらいのサイズで、高知県特産の柑橘類です。

生産量が限られている文旦は、とても人気の高い果実です。

鬼柚子と比べると、味は文旦(ぶんたん)の方が格段上です。

たとえると、さわやかなグレープフルーツのような味です。

柑橘類が大好きな方には、ぜひ文旦を食べてもらいたいです。

関連 文旦の食べかた剥きかた旬や食べ頃をご紹介!

以上、大きくてでこぼことした皮が特徴の鬼柚子・獅子柚子の使い方と食べ方でした。

私たちの目を楽しませてくれる縁起物の鬼柚子・獅子柚子を、冬の風物詩として大事にしていきたいですね。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪