高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

JR四国の珍企画、予土線3兄弟2015 秋の遠足号

スポンサーリンク


面白すぎます!JR四国さんの企画

いったい、誰がこんな面白いことを思いつくんでしょう(^-^)

去年の秋にも行われた予土線3兄弟の秋の遠足が、今年も開催されます。

その名も「予土線3兄弟 2015秋の遠足号

IMG_4349

今年は予土線全線開通101周年

去年、JR四国は、予土線の前身である「宇和島鉄道宇和島~近永間」開通から100周年を迎えたことを記念し、様々な企画を行って楽しませてくれました。

「なかよし3兄弟、はじめての遠足号」もその楽しい企画の一つ。

先頭はもちろん「鉄道ホビートレイン」、鼻があるからどうしても先頭になりますね。

2番目に「海洋堂ホビートレイン」

そして最後にトロッコ列車「しまんトロッコ」を連結。

 

去年は、宇和島~江川崎間を3連結で運行して、江川崎駅到着後に切離し作業を行ったあと「しまんトロッコ2号」は窪川駅へ。「海洋堂ホビートレイン」と「鉄道ホビートレイン」は連結したまま、江川崎~宇和島間を折返し運転してましたが、今年はなんと宇和島駅から窪川駅まで約2時間半、3連結で運行。

そして、折り返しは「しまんトロッコ」は切り離して、キハ系を先頭に宇和島駅まで帰るようです。

ということは、「しまんトロッコ」は通常の臨時観光列車としての運行になるのかな?

それにしても、乗り鉄さんも撮り鉄さんにもたまらない企画なのではないでしょうか。

家族で乗るのもまた楽しいでしょうね。

鉄オタ気質のなせる技?

日本一遅い新幹線「鉄道ホビートレイン」もそうですが、JR四国関係者の皆さんも、楽しいことを考えますね。

いつも感心します。

しまんトロッコは、日本で初めての観光トロッコ列車として、今から31年前に始まりました。

これも、当時江川崎駅にお勤めだった国鉄職員さん達が考えついたとか。

時々、JRの職員さんや車掌さんとお話する機会がありますが、仕事とはいえ、やっぱり皆さん鉄オタです。

少子高齢化が進む過疎地域で、地元とJR四国さんとの楽しい企画で、多くの方に予土線を知ってもらい盛り上げていきたいですね。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪