高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

JR窪川駅から1つ目の若井駅、海沿いの土佐くろしお鉄道中村線と山沿いの予土線とに分岐する駅

JR窪川駅から西へ4.4キロ。1つ目の小さな無人駅、若井駅の紹介です。田んぼや生姜畑が穏やかに広がり、四万十川を眺めるように建つちっちゃな駅です。しまんトロッコがまず始めに通過する駅です。駅の手前には、若井沈下橋がありますよ。

スポンサーリンク


2つの路線が行き交う駅

DSC_0674
若井駅は、太平洋の海沿い黒潮町や四万十市・そして宿毛市へと走る第3セクターの土佐くろしお鉄道と、高知県西部から愛媛県の山沿いへと進むJR予土線とに分岐する駅です。あ、ちょうど、土佐くろしお鉄道(くろ鉄)のカラフルな列車が、通って行きました。
 
正確には、若井駅を過ぎて、若井トンネルを越えたところにある、川奥信号場(かわおくしんごうじょう)が分界点となっていて、2つの路線が分かれます。
 
なので、若井駅ー川奥信号場間は、JR四国と土佐くろしお鉄道の二重戸籍区間になります。ちょっとややこしいけど、敷地や線路、信号場は、土佐くろしお鉄道(くろ鉄)の保有になるんだそうです。
 
予土線の列車と、くろ鉄の普通列車が停車し、それと特急列車が通過する若井駅は、無人駅だけど、けっこう気ぜわしい駅なんですね。1つ手前のJR窪川駅を出た特急列車は、止まらずに通過します。東だけでなく、西からも来ます!列車の運転手さんも気をつけて警笛鳴らしますけど、ちょっと危険です。気を付けて下さいね。特に小さな子どもを連れてる時は、手を放しちゃダメですよ。私も子どもがまだ小さい時に、若井駅で予土線を待っていると、停車しない特急列車がブオーっと通り過ぎ、その風圧にびっくりして、子どもが泣き出したことがあります。

 

こ若井駅は、黒潮町や四万十市方面へ通勤・通学する人たちの利用駅です。うちの子も、若井駅から土佐くろしお鉄道に乗って、お隣の四万十市にある学校へ、普通列車で1時間、毎日通ってました。車窓からは、キラキラと光る太平洋を臨むことが出来て、とても素敵な路線です。予土線しまんトロッコ1号は、このまままっすぐ、西へと向かいますよ。

 
若井駅の前を流れる四万十川には、若井沈下橋があります。台風で壊されてしまいましたが、この春やっと修理工事が終わり、歩行者のみ通行できるようになりました。台風で破壊された、若井沈下橋の様子はこちらです。↓
増水で破壊された四万十町・若井沈下橋

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪