高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

増水で破壊された四万十町・若井沈下橋

スポンサーリンク


去年の8月、増水で壊された若井沈下橋(わかいちんかばし)

JR予土線と土佐くろしお鉄道の列車が通る若井駅近くにあります。

国道からよく見える橋です。

すぐ横に抜水橋がありますので、こちらの古い沈下橋には車止めを設置して、歩行者のみの通行がかろうじて可能でした。

以前は、お盆の迎え火の松明を焚いて、とても風情ある光景を見せてくれていました。

去年8月の増水で、中央部の橋桁4枚(総長24・1メートル)と橋脚3本が流されてしまいました。

今もその残骸が川下(かわしも)に残っていて、水の破壊力を見せつけています。

IMG_4206

本流に21橋、支流に26橋の計47の沈下橋

四万十川には、支流・本流合わせて、管理者のわかっている沈下橋が47あります。

この47の沈下橋は「四万十川沈下橋保存方針」に入っていて、増水で壊された場合は修理されます。

しかし、残念ながらここ若井沈下橋は、47のうちに入っていません。

廃道となっていて、町の道路台帳からも外れています。

若井沈下橋のように、管理者がなく「四万十川沈下橋保存方針」に含まれていない橋、また、自分ちの家に前の谷川にかかるマイ沈下橋などを入れると、四万十川沿いには60ー70ほどの沈下橋があるようです。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪