高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

ジャン麺(じゃんめん)が人気!高知市「まんしゅう」 四万十町「満州軒(まんしゅうけん)」

ちょっと異色のラーメン、ジャン麺 です。

 

熱くて甘くて、ピリ辛で、アッツアツのあんかけラーメン。舌をやけどしそうなくらい熱いです!ご飯にあいます。にらがいっぱい入ってます。体にいいです。ホルモンもいっぱい入ってます、栄養満点です。ダイエットはこの際あきらめましょう(笑)

四万十町本店「満州軒(まんしゅうけん)」と、高知市のじゃん麺専門店「まんしゅう」で食べられます。そんなじゃん麺の紹介です。

スポンサーリンク


ずーっと昔からある焼肉屋さん「満州軒」

四万十町の国道56号線沿いにある、老舗焼肉屋さん「満州軒」は、昔ながらのたたずまいで、とにかく安くて旨い焼肉屋さん。地元民ご用達のお店です。そこの人気メニューの一つが、「じゃん麺」です。

 

お酒飲んで、お肉たらふく食べて、もうお腹いっぱいとなっても、なんか麺類(めんるい)食べたくなりません?どんなにおなかいっぱいでも、食べられるんですよ、このじゃん麺。おまけにライスも頼んだりして。最強やん!

 

「満州軒」が、じゃん麺を作り始めたのは、10年前からとか。そういえば、昔から普通の中華そばはあったけど、じゃん麺が有名になってるというのは、地元の私もずいぶん知らなかったです。知り合いと本店「満州軒」に、焼肉&飲み会に行った時、

友人J
このじゃん麺、めっちゃ美味しいんやて。えー!地元なのに知らないの???
ほんまー?あたし、辛いのちょっと苦手なんよね・・
友人J
まー、そう言わんと食べてみて。ほんと、美味しいき。


あら、ほんと美味しいやん!!

ぷりっぷりのホルモンと四万十産のニラがたっぷり、それに四万十産の卵が入ったスープはトロトロっとして麺に絡み、熱くて深みのある味です。辛いのがちょっと苦手だった私でも大好きになりました。

四万十町本店の場所

本店・四万十町の焼肉屋さん「満州軒」の場所は、国道56号線と381号線が交じったところ。JR窪川駅からも、歩いて10分くらい。

【住所】
 〒786-0007 高知県高岡郡四万十町古市町1−19
【電話】
 0880-22-0019
【定休日】
 日曜日
【駐車場】
 お店の前にあります。
【人気メニュー】
コラーゲンたっぷりの豚足
スライスしてもらえば、食べやすいし、持ち帰りもできます。まー、ちょっと見た目が苦手な人もいますが、嫌じゃなければ、お肌にいいんですよ、豚足のコラーゲンは。
・昔からある中華そば(ラーメン)も、あっさりして根強い人気です。
・お野菜たっぷりの焼肉メニューも迫力あります。

ジャン麺専門店「まんしゅう」が、高知市内にオープン

お昼の看板メニューでもある、そのジャン麺を引っさげ、高知市内に専門店がオープンしています。場所は、高知記念病院の真向かい。

【住所】
 〒780-0824 高知県高知市城見町9-3
【電話】
088-855-5889(問合せ専用)
050-5592-4360(予約専用番号)
【営業】
火曜~金曜日、土日祝日
11:00~14:00 
17:00~21:00
【定休日】
 月曜、第3火曜日
【駐車場)
・お店の横4台
・電車どおり反対側にも駐車場3台有
【メニュー】
「ジャンめん」「ジャンはん」(880円)
「ジャンめんハーフ」(680円)
「中華そば」(580円)
「コロンブスの茶卵かけごはん」(220円)

コロンブスの茶卵かけごはんって何?
ジャンめんは、ご飯と合うんだな。10年前から研究してきたんだって。米は四万十町特産の「仁井田米」(十和錦とヒノヒカリのブレンド米)、卵は四万十町特産の茶色い卵「コロンブスの茶卵 」
お、うまそ!
女性は、ジャンめんハーフと卵ご飯がちょうどの量かな。麺を食べ終べたあとに、スープと混ぜても美味しいよ。

地元の美味しいお米・新井田米と、香り米の十和錦の味を最大限に生かし、おまけに、安全で良質の餌にこだわり、卵アレルギーの子供にもたべられるように作られた、四万十町の茶卵を使ったかけごはんとのセットだなんて、贅沢やなーと思います。

 

そのお味は、ぜひ食べに行って確かめて下さいね。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪