高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

高知 かつおの たたき 旬を体験!自分で作ると旨いが倍増

かつおの旬は年2回。

3月下旬から5月にかけては、南から北へと北上する「初がつお」「上りかつお」の時期です。「目には青葉、山ほととぎす、初鰹」という俳句が浮かんできて、ふつふつと込み上げてくる気持ちが、「あー!おいしいかつおが食べたい!」これは日本人のDNAなんでしょうか(笑) 上りかつおは、身がぎゅっとひきしまり、さっぱりとした食感が特徴です。

 

そして三陸沖まで上がったかつおは再び南下します。9月から10月は、脂の乗った「戻りがつお」の時期。たたきにする時、火にあぶられて、かつおの身から脂がジュージューと美味しい音を立てます。

スポンサーリンク


かつおのタタキを作って食べよう!

IMG_2782
高知でかつおのたたきを食べるなら、自分でかつおをさばいてみたり、わらで焼いてタタキを作る体験はどうでしょうか?高知市から西へと向かった漁師町で、おすすめの観光施設をご紹介します。

かつおの一本釣りで有名・中土佐町

IMG_2766
高知市から西へ車で40分。JR土讃線の特急で、同じく高知駅から40分ぐらい。かつおの一本釣りの町、中土佐町久礼(くれ)。太平洋がすぐ間近に見える場所の

黒潮本陣(くろしおほんじん)は、温泉あり、宿泊施設ありそして、かつおのタタキ体験の出来る、充実の施設です。
私は、お隣の四万十町から中土佐町へと続く、へんろ道・古道を2時間かけて山歩きして、お腹ペコペコ状態で、ここ黒潮本陣のたたきを食べたことがあります。
遍路道(へんろみち)古道・添蚯蚓(そえみみず)の坂

 

お腹もすいていましたし、焼きたてできたて、とってもおいしかったです!中土佐町久礼は、漁師町ですからね、絶対的なかつおへの愛着・こだわりが違います!
黒潮本陣の詳しい料金や予約はこちらです。

黒潮本陣・かつおの体験が出来る黒潮工房HP

中土佐町久礼の黒潮本陣の地図はこちらです。

かつおの町・黒潮町

IMG_2756

中土佐町と同じく、かつおで有名な町、黒潮町佐賀(くろしおちょう さが)高知市内から、車で2時間ほど。高知駅から特急列車でも1時間半くらい時間がかかります。

 

佐賀で、かつおのタタキ体験が出来る、黒潮一番館(くろしおいちばんかん)もと漁師のおんちゃん(おじさん)と、漁師町の元気なおばちゃんが、ちゃーんと付いてくれるので、大丈夫。小学生でもできます。

 

 

そりゃー、魚ですから、「うわー、グロい!!」と思っても、かつおに失礼ですから頑張りましょう。

ガッガッと、思い切りよくさばいて、

わらで焼いて、

氷水でしめて、

刺身包丁で切って、

大きな皿鉢に盛り付けたら、出来上がりです。ネギをたっぷりふって、お好みでニンニクのスライスと一緒に食べるのもいいですね。

 

体験料は、一人3200 円 と普通にたたきを食べるのと比べると割高ですが、なかなか出来る体験ではないと思います。

【カツオたたきづくり体験:要予約】
参加人数:5名以上
所要時間:2時間程度(食事時間含む)

黒潮町佐賀 黒潮一番館の連絡先と地図はこちらです。
〒789-1720 高知県幡多郡黒潮町佐賀374-9
TEL 0880-55-3680
FAX 0880-55-3680

実際に、黒潮一番館で教えてくれるもと漁師さんの実演動画

「鰹のたたきの作り方」

 

さすがにこれほど上手に、さばけませんが、側についてちゃんと包丁の使い方も教えてくれます。「ワーワー、キャーキャー」言いながら、体験してみることをおすすめします。かつおの心臓と、腹んぼ の部分、火であぶって食べると絶品です。

 

私は、脂ののった戻りかつおの時期が好きですが、その年によっても、かつおのとれる時期や漁獲量も違います。かつお漁の休みの12月~3月は、体験施設もお休みです。「今のお味はどうかな?」と思ったら、迷わず体験施設に問い合わせをしてみて下さい。

 

高知県西部のかつおのたたき作り体験が出来る、実際に私も行ったことがある、おすすめ施設の紹介でした。
高知県のどこのスーパーでも、必ずといっていいほど、鮮魚コーナーに並んでいる、鰹(かつお)のたたき。あるのが当たり前の食べ物で、高知のソウルフードみたいなものです。小さな町でも地元の人に聞いて見て下さい。「この辺りで、かつおのタタキのおいしいお店がありますか?」って。高知県民は、かつおのタタキにうるさいですから、「ここは、新鮮」「ここの店のタレが美味しい」と正直に教えてくれます。そういう私も、魚屋の子だったので少々うるさいです。(笑)

【特集】高知 かつおの たたき おすすめは、これ!

【特集】高知観光 おすすめ コース を、マップ(地図)入りでご紹介

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪