高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

非常食のおすすめ、アレルギーにも配慮した缶詰を作る漁師町・黒潮町の会社「黒潮缶詰製作所」

近い将来起こるといわれている

南海トラフ大地震

高知県の黒潮町という海沿いの漁師町

「最大震度7、最大津波高34・4m」

という、驚くような試算が出ています。

 

水平線まで見渡せるキラキラと光るこの海が、その時、いったいどんな形相となって、襲ってくるんだろう?

と、海沿いの国道を車で走っていると、ふと考える時があります。

 

その黒潮町で、2014年からは、町おこしと仕事おこしのために立ち上げられた、ユニークで優しいコンセプトの「黒潮缶詰製作所」が、先日NHKのローカルニュースで取り上げられていました。

黒潮缶詰製作所HP

 

 

スポンサーリンク


もしもの時の食をテーマに

「黒潮缶詰製作所」は、もしもの時の食をテーマに、非常食の缶詰を作る、町の第三セクターの会社として建てられています。

今は、6、7種類の缶詰の種類があって、すき焼きの他に、海の町らしく、しいら、かつお、さわら、甘鯛といった魚と、トマト、地物野菜のきのこ、豆類、生姜などのがふんだんに使われた商品があります。

 

そうなんだ!

と感心したのが、食物アレルギーを持っている人でも食べられるように、7大アレルゲンの(卵、乳、小麦、そば、落花⽣、えび、かに)を使わずに、栄養と美味しさを追求した缶詰であるということです。

 

食べ物アレルギーを持った人にとって、食べて死ぬか、食べずに死ぬかという究極の選択を迫られる災害時、とても必要な心配りだと思いました。

非常食の缶詰と言っても、普段からも食べ慣れていないと、いざという時に食べられません。

そこで、黒潮町では、学校給食でもこの缶詰を利用したおかずが出されているそうです。

 

もう一つ、なるほどー!と思った点があります。

東日本の災害時でも、疲れ切った中での食の希望として、甘いものが食べたいと切実な声があったそうです。

そこで、栗と小豆を使った「栗ぜんざい」の缶詰が新しく加わりました。

疲れ切った心と身体を癒し、充分なカロリーも摂取できるよう考えられているということです。

 

バイタリティあふれる漁師町の心意気

いつ起こるとも、どこで起こるとも知れない、大きな災害に真正面から取り組む意欲。

漁師の力とおかみさんのバイタリティあふれる黒潮町の人たちは、ちょっとやそっとではへこたない。

頼もしいなあと思いました。

 

IMG_2733

 

かつお漁で有名な黒潮町には、とっても楽しい、かつおのたたき作り体験ができる施設があり、ここでしか味わえないとっておきの美味しさがあります。

高知で有名、鰹(かつお)のたたき!自分で体験すればうまいが倍増「かつおのたたき作り」

 

IMG_0267

また、目の前の太平洋からくみ上げた海水を使い、まろやかでミネラルたっぷりの天日干しの塩作り体験もできます。

太平洋の海水で塩作り、おすすめの「天日塩作り体験」この塩、まろやかで甘いんです!

 

頼もしくて、ファイトいっぱいのもと漁師さんや元気なおかみさんが、手とり足とり教えてくれますよ。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪