高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

青春18 切符の購入 方法、夏は予土線で四万十川を楽しむ!

予土線の線路とトンネルと

JRの人気お得きっぷ「青春18きっぷ」の発売が、今年の夏も7月1日から始まります。私は、#青春18きっぷ#という郷愁のあるネーミングと、駅に貼られるノスタルジックなポスターが大好きです。高く広がる空、遠くから列車を狙うあのアングル、山の中を走るたった一両の列車と白く立ち込める霧、ひんやりとした透明な空気の感触がピンピン伝わってきて「あー・・行きたい・・・」と、しばらくたたずんでポスターの前から離れられません(笑)

 

一時期、北海道新幹線ができるため、青春18きっぷは無くなるかも!と言われていましたね。でもうれしいことに今年も継続。おまけに、その北海道新幹線にも乗ることができるよう配慮され、ますます人気上昇です。

北海道ももちろんいいのですが、四国・予土線の沿線にも、ほかに負けず劣らず、のどかで豊かな自然がたっぷりと広がり、駅舎も簡素でちっぽけなんだけど、味わい深い無人駅がたくさんあります。この夏は、青春18きっぷで四国を一周するのってどうでしょう?

スポンサーリンク


お得な青春18きっぷ

田園を走るトロッコ列車さて、青春18きっぷの魅力は、そのお値段。1枚が11,850円、その1枚で5回(5日)使用できます。1回あたりの値段は、2,370円とめちゃお得です。1回の使用でその日一日のJR普通列車を乗り放題です。

それに買った本人だけではなく、複数人での使用も可能です。1人で旅行する場合は、5日間利用できるし、友達5人で同じ工程で1日利用乗り放題ができます。その代わり、基本・JR線の普通と快速列車になるので、時間のたっぷりある人向きです。

 

それと、意外なことに青春18きっぷは、年齢制限がないって知ってました? あ、知ってましたか。さすがですね。そうです、年齢は関係なく、だれでも使えます。ただし、子供も大人と同じ値段です。
詳しくはこちらのHPをどうぞ。
青春18きっぷ 四国ツアーHP

夏の青春18きっぷ発売期間と利用期間

2016年夏の青春18きっぷ発売期間と利用期間です。

2016年 発売期間 利用期間
7月1日~8月31日 7月20日~9月10日

青春18きっぷ、購入の方法

購入の方法です。青春18切符は、JR駅にあるみどりの窓口、JR駅の指定席券売機、また旅行会社で購入可能です。ですが、車内では買えません。みどりの窓口が混んでいる時は、指定席券売機を利用してみてください。発売機だと「おトクなきっぷ」ボタンから「青春18きっぷ」の項目をを探すと出てくると思います。

 

注意点として、青春18切符は、余っても払い戻しが出来ないこと(1回も使用していない場合のみ手数料220円を差し引いて払い戻し可能)
利用期間中に全部使えなくて余ったとしても、次の利用期間に使用出来ないことです。

窓口で、払い戻しができないため、金券ショップやネットオークションで余った分を売っている場合がありますが、利用期間が決まっているので、それも考慮しましょう。

青春18きっぷで四国を楽しもう!

予土線の線路と橋関西方面から四国に入ると、土讃線=土佐の高知と讃岐の香川を結ぶ路線です。香川では、本場の早くて、安くて、旨い!三拍子そろった讃岐うどんを食べましょう(笑) 私のおすすめは、温玉ぶっかけうどんです。香川のうどんはホントおいしいです。

 

四国山脈を突っ切る、徳島の大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)付近は、吉野川の深い渓谷を見ながらの旅です。大歩危は大きく歩くと危険、小歩危は小さく歩いても危険、という断崖のこと。深いエメラルドグリーンの渓谷をもつ吉野川の様子は、四万十川とまた違う趣きがあり神秘的です。

そして、高知県に入ると、かつおのたたき、シイラ、うつぼなどの豊富な海の幸、柚子のきいた田舎寿司、採れたての野菜や山の幸が目白押しです。食の豊かな高知県で、おすすめのB級グルメ、それが土讃線、須崎の鍋焼きラーメンです。

須崎 鍋焼きラーメン、絶品グルメで奥四万十を満喫しませんか?

青春18きっぷで、はちゃめちゃ楽しく爆睡の旅

無人駅と四万十川青春18きっぷと言えば、3年前に関西からやって来た知り合いの高校生たちの旅を思い出します。彼らは、生田斗真さん主演のフジテレビ系列のドラマ『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~』(2012年10月~12月放送)が好きで、『遅咲きグループ』とわざわざグループ名を付け、四万十川を満喫しにやってきました。もちろん、青春18きっぷで。

その日、夜遅く、窪川駅に着いた彼らを私も迎え行き、「何時に出たの?」と聞くと、「朝6時ごろ大阪を出ました!」と元気よく言ってました。普通列車を乗り継ぎ、途中、下車して待ち時間もありながら、10時間以上かかってます。ちなみに、窪川から大阪駅までは、特急と新幹線で5時間くらいで行けます。そこをわざわざ、普通列車でゴトンゴトン揺られて、10時間以上です。

 

窪川駅から予約していたキャンプサイトのウエル花夢までは、車で30分かかります。「えー!キャンプサイトまで、車で30分もかかるんですか!?どんだけ遠いんですか??」と田舎の距離にびっくりしてましたが、いやいや、5時間でこれるところを、わざわざ10時間以上かけてくるあなたたちが言う?と私は内心思いました(笑) でも、途中下車してご当地グルメを食べたり、普通列車に乗ってくる同じ年頃のカワイイJKのことで盛り上がったりと、じゅうぶん楽しそうでした。

 

二泊三日で、カヌーや川遊び、バーベキュー、海水浴をした彼らは、四万十川とついでに太平洋も満喫。帰りも、もちろん青春18きっぷです。遊び疲れて、駅までの車の中、みんな口を開けて爆睡してました(笑) きっとはちゃめちゃ楽しい思い出になったことでしょう。
四万十川 おすすめ 宿泊、星のきれいなキャンプ場 ウエル花夢とホテル星羅四万十

四国・予土線の楽しみ

トロッコの貨車
予土線=土佐の高知と伊予の愛媛を結ぶ路線では、日本の原風景が残る四万十川を、楽しい観光列車に乗って楽しめます。新幹線型の鉄道ホビートレインや、7月上旬リニューアルの海洋堂ホビートレイン「かっぱうようよ号」、そして週末の土日、夏休みは毎日運行するしまんトロッコの予土線3兄弟が走っています。
JR四国予土線3兄弟 長男しまんトロッコは31歳!

※なお、青春18きっぷ、JR Rail Passご利用の場合「窪川~若井(1駅間)」が「土佐くろしお鉄道」という会社の路線になるため、別途210円の運賃が必要になります。

夏の予土線・しまんトロッコ

江川崎駅停車中の汽車
春、夏、冬限定の青春18きっぷ。とりわけ、夏は、四万十川が一番生き生きとして楽しい時期です。ぜひぜひ、計画を立てて予土線に乗りに来て下さい。

JR四国 予土線 しまんトロッコの予約や座席、日本で最初の観光トロッコ列車で四万十川をいっぱい楽しむ方法

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪