高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

加山雄三さんがポスター撮影に訪れた茅吹手(かやぶくて)沈下橋のそばをしまんトロッコが走ります

四万十川の沈下橋

今日はとっても良いお天気でした。茅吹手の沈下橋には、子供連れのキャンパーの方もいらっしゃいました。そこへ、ちょうどしまんトロッコ1号が通りかかったので、ビデオに撮りました。トロッコは、「ファオン」と、あいさつをしているみたいに汽笛を鳴らしてくれました。運転手さん、ありがとう!

スポンサーリンク


通称:茅吹手(かやぶくて)沈下橋

沈下橋の正式名称は、新谷橋(しんたにばし)といいます。

ここの地域をを茅吹手(かやぶくて)というので、通称 茅吹手沈下橋といわれています。

昭和45年の架橋

橋の長さは、84.0メートル

幅は、3.0メートル

橋脚本数は5本

ちょっと高さがあってこわいけど、足からドボンと飛び込みのできる橋です。

ただし、水量が少なかったり、増水で流れが急な時は無理に飛び込まない下さいね。

 

加山雄三夫妻がロケに訪れた沈下橋

この辺りは、川原が広く形成されているのが特徴です。

その穏やかなたたずまいがイメージにぴったりだという事で、平成9年JRフルムーンポスターに採用され、加山雄三夫妻がロケに訪れました。

しまんトロッコには、よくご夫婦でいらっしゃるお客様にお会いします。

皆さん、とても仲が良くてすごくそれが自然な感じのご夫婦ばかりです。

四万十川を眺めながらのしまんトロッコの旅が、皆さんの良い思い出になりますように。

【特集】予土線 絶景ポイント ~しまんトロッコ1号 沿線の風景~

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪