高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

JR江川崎から15分。四万十川の川原へ歩いて行ってみよう!

こんにちは。

しまんトロッコ1号旅ガイドのよしみです。

JR江川崎駅は、しまんとトロッコ1号のトロッコ乗車区間の最終の駅。

宇和島方面へ行かれるお客様は、前車両の牽引車のキハ系へ移り、またここ江川崎駅で降車りて、窪川行きの上り便を待つお客様もいらっしゃいます。

駅の前を流れている川は、第1支流の広見川です。

江川崎で本流の四万十川に合流します。

スポンサーリンク


駅からちょこっと四万十川を見に行くには

DSC_0650

江川崎駅で降りるお客様に、「帰りの上り列車の待ち時間(約1時間)の間に、四万十川を見にへ行きたいんですが、どこがいいですか?」とよく聞かれます。

地元江川崎の方に聞いてみたら、「郵便局近くの川原がいいですよ。」とのことでした。

小さいお子さんをお連れのお客様もいますので、窪川への上り便がやってくる小1時間の間に、歩いて四万十川を見にいくに、どのくらいかかるか、私たちも行ってみました。

駅から大人の足でゆっくり歩いて片道15分かかります。

江川崎郵便局の交差点信号近くに、本流四万十川へ降りる道を行くと、広い川原が広がります。

川で遊ぶ時は十分な注意を

DSC_0657

JR江川崎駅から往復すると30分、ちょっとだけ川に足をつけてちゃぷちゃぷしてたら、ちょうど上り便が来る時間になります。

小さな子供さんを連れていたら、もう少しかかるかもしれませんし、雨の日は足元も悪く大変かもしれません。

それと真夏の暑い日は、川原はものすごーく暑く、やけどしそうなほど石が焼けています。気をつけて下さいね。

一番の注意は、四万十川が増水している時です。

増水時は危ないので川には近づかないで下さいね。

その日の川が安全かどうかは、地元の人に聞くのが一番です。遠慮せず、地元の人に声をかけて聞いて下さい。

川で遊ぶ時は、安全面に十分注意して下さい。

【特集】四万十川観光 スポット、鮎市場や道の駅など江川崎駅周辺の時間の過ごし方

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪