高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

きのう火振漁で捕った四万十川の天然鮎、いただきました

天然鮎
スポンサーリンク


昨夜の火振漁で捕った鮎をおすそ分け

知り合いの方が、夕べ夜7時ごろから火振漁をしたそうです。

12艘の舟が集まり、船団を組み、それぞれが網でたくさんの鮎を捕ったそうで、その捕れたての鮎をおすそ分けをいただきました。わーい!

火振漁は、夕方から準備を始め、夜の7時から川舟で全員が集合、そして火を振り鮎を網へ追いやり、かかった鮎を網から鮎を外してと、ようやく家に帰ったのが夜中の1時だったとのこと。

写真には鮎が2匹しか見えてませんが、鮎は熱に弱いため手で触っただけでもやけどするとか。なので、氷漬けにして届けてくれてました。

みんなで鮎のおすそ分けをいただいて、今晩のお酒のあてはこれ!と喜んでいるところです。

鮎釣り漁師

こんにちは。しまんトロッコ1号旅ガイドのよしみです。

今年、鮎は去年より多く捕れてるようです。

毎日のように、鮎の友釣りをする人を川で見かけ、特に(土)(日)は県外からも釣りに来ている方が多いです。

さっそく塩焼きにして、食べました。

とれたての鮎はやっぱり美味しいです。

鮎の塩焼き

私は塩焼きくらいしか知りませんが、他にも燻製にしたり鮎味噌や鮎丼、鮎の甘露煮など、味わい方はいろいろあるそうです。

天然鮎の燻製

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪