高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

イケダハヤトさん絶賛、海洋堂ホビー館四万十と海洋堂かっぱ館

スポンサーリンク


高知へ移住「まだ東京で消耗してるの?」のイケダハヤトさん、四万十町へ来てたんですね!?

先週の8(土)9(日)、高知市内ではよさこい祭りムードが一気に高まり、前夜祭を行っていた頃、東京から移住の有名ブロガーさん、イケダハヤトさんが四万十町にある辺鄙(へんぴ)なミュージアム「海洋堂ホビー館四万十」と、「海洋堂かっぱ館」にいらしていた模様。

と、イケダハヤトさんのブログにありました。「まだ東京で消耗してるの?」

 

特に、全国から応募されたかっぱが展示されている、「かっぱ館」を気に入られたようですね。

私もかっぱ館大好きです。
気があいます! すいません、馴れ馴れしくて(^^;

 

全国老若男女、プロから素人問わず、カッパアート作品が集合

「海洋堂かっぱ館」には、「全国カッパ造形大賞」の第1回から第3回まで応募された1300点ほどのかっぱ達を展示しています。

先日「第4回造形大賞 リターンズ」の公開審査が、JR窪川駅近くで行われていました。

しまんトロッコ1号に乗る前に、「見に行かなきゃ!」と、私もしっかりお気に入りのかっぱに1票を投じて来ました。

その日のブログはこちらです。

カッパと四万十川のうなぎと予土線3兄弟

今年開催された第4回には400点ほどの作品が応募されていましたので、それらもかっぱ館に追加されると、相当な数のかっぱになります。

いずれ、四万十町の人口を超えるのではないでしょうか!?(四万十町人口、今1万8千人)

 

可愛いかっぱ、おどろおどろしいカッパ、意表をつくKAPPA、風景に溶け込むな河童などなど、作った人の感性によって、こんなに違うんですね。

 

ちなみに私の好きなかっぱは、2010年の「第2回かっぱ造形大賞」で四万十町長賞を受賞した岩堀路子さんの、とても可愛いかっぱさん達です。

岩堀さんは、福井県の女性音楽デュオ『ナナ・イロ』の一人。

第2回の受賞がご縁で、四万十町大正でミニコンサートも開かれました。

とっても素敵な曲と歌声です。

今も、その時買ったCD1st ALBUM「雨のち晴れ」を大事に聞いてます。

久しぶりにHPnanairo official siteをのぞいたら、NEWアルバムが出てるとか。

買おうかな(^-^)

海洋堂かっぱ館で、推しメンならぬ、推しカッパを探して、応援していこうではありませんか!(^-^)

海洋堂かっぱ館と海洋堂ホビー館は、近いです。

車で4分。

歩いて、、23分!? ゆっくりゆっくり歩いて23分かな(^^;

チケットは、セットで買った方がお得です。

最寄駅は、JR予土線の打井川駅ですが、ここから歩いて行こうなんて思わないで下さい。

遠いです!

「海洋堂ホビー館四万十」さんのHPにアクセスがありました。

http://ksmv.jp/access

公共の交通機関を利用される場合は、事前に確認してくださいね。

DSC_0313

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪