高知県 四万十川のおすすめ観光、旬の食材、宿泊、イベントを 予土線しまんトロッコ1号地元ガイドがご紹介

空飛ぶ水道管と四万十川の魚を狙う野鳥

しまんトロッコから川を眺めていると、たくさんの鳥の姿を見かけます。

トロッコと平行に並んで飛ぶ鳥

川の石にたたずんでじっとしている鳥

時に魚を獲るために川の中にダイブする鳥など様々です。

その中に、四万十川の上空を渡しているホースの上から、じーっと獲物の魚を狙っている鳥がいます。

(上の鳥の写真はPixabay無料素材から引用掲載しました)

スポンサーリンク


四万十川の上空を渡る空飛ぶ水道管

向こうの山からこちらの山を結び、四万十川の上空を渡る黒い管。

これは、主に農業用水の水道管です。

たくさんの支流をもつ四万十川ですが、地域によっては水の便が悪い箇所があります。

その場合、谷水の豊富な山向こうから、四万十川を渡らせて水道管を引きます。

これが、四万十川の上空を渡る空飛ぶ水道管です。

しまんトロッコや道路からも、見かけることができます。

IMG_4195

川魚を狙う野鳥

この水道管の上から、川をじーっと見つめる野鳥がいます。

頭と胸の部分は真っ白で、目の辺りが黒っぽい鳥です。

上流や下流を移動しながら、魚を獲っているようです。

 

「いったい何という名前の鳥だろう?」と、鳥好きの知り合いもずっと気になっていたようでした。

自分たちで写真をとるには遠すぎて撮れないし、近づくとすぐに気配を察して逃げて行ってしまいます。

そこで、四万十町大正の、写真家でもある灯工房(あかりこうぼう)ひよこの徳さんに無理言って撮ってもらいました。

光のアーティスト、灯工房ひよこさんのfacebook、いつも素敵です!

misago1

misago2

名前はミサゴ

遠くからだと分からなかったのですが、徳さんの写真から、目の周りの色が分かりミサゴと判明。

名前がわかってすっきりしました。

今も時々、空飛ぶ水道管の上から魚を狙っている姿を見かけます。

ミサゴ君かミサゴちゃんか!? 分かりませんが、今日も四万十川沿いを飛んでいます。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています♪